米GM、12年ぶりの全国ストへ 労働協約の改定協議が決裂

[デトロイト/ワシントン 15日 ロイター] – 全米自動車労組(UAW)は15日、ゼネラル・モーターズ(GM)のおよそ4万8000人の工場従業員が同日深夜からストに入ると発表した。GMでの全国ストは2007年以来12年ぶり。 UAWとGMは労働協約の改定に向けて協議してきたが、折り合えなかった。交渉は16日に再開するという。 GMは声明で、UAWとの協議では賃上げのほか、70億ドル超…

もっと読む »

「人生で一番大切なことは何?」 医師の問いに答える末期症状の子どもたち その珠玉の答えとは

私たちは日常生活の中で、大切なことをつい忘れてしまいがちですよね。iPhoneの最新型をどうやって手に入れるか、素敵な服を買うためのお金をどうやって工面するかに悩むことはあっても、身近で素朴なことを忘れてしまうものです。…

もっと読む »

「ファーウェイと同じく危険」米当局者が中国IT3強に言及

米国務省の担当者はこのほど、中国IT業界3強のBAT(百度、アリババ、テンセント)と、通信機器大手の中興通訊(ZTE)と華為技術(ファーウェイ)などを名指し、中国政府の道具と見なされるべきだと批判した。米政府はファーウェイと同様に、BATを危険視していると、米メディア「クォーツ」が13日伝えた。…

もっと読む »

「ファーウェイと同じく危険」、米当局者が中国IT3強に言及

米国務省の担当者はこのほど、中国IT業界3強のBAT(百度、アリババ、テンセント)と、通信機器大手の中興通訊(ZTE)と華為技術(ファーウェイ)などを名指し、中国政府の道具と見なされるべきだと批判した。米政府はファーウェイと同様に、BATを危険視していると、米メディア「クォーツ」が13日伝えた。…

もっと読む »

金委員長、トランプ大統領に北朝鮮訪問招請 8月に書簡=韓国紙

[ソウル 16日 ロイター] – 韓国の中央日報は16日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、トランプ米大統領に8月に送った書簡で平壌訪問を招請していた、と伝えた。 中央日報が複数の外交筋の話として伝えたところによると、金委員長はトランプ大統領に宛てた書簡で、トランプ氏との首脳会談に意欲を示した。書簡は、8月としては2回目で第3週に送られたという。 ホワイトハウス、米国務省、国連の北朝鮮大使の…

もっと読む »

トランプ氏、米は「臨戦態勢」 サウジ石油施設攻撃で

[ワシントン 15日 ロイター] – サウジアラビア東部にある国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が14日に攻撃されたことを受け、トランプ米大統領は15日、米国は臨戦態勢ができていると述べた。これより先、米政府高官は攻撃がイランによるものだったとの見方を示した。 トランプ氏はツイッターに「われわれは誰が攻撃したか知っていると考える理由があり、確認次第で弾は装てん済み(locked and…

もっと読む »

香港で再びデモ、一部で過激化 市民同士の衝突も

[香港 15日 ロイター] – 「逃亡犯条例」改正案をきっかけとする政府への抗議活動が続く香港では週末もデモや衝突が起こった。条例改正案が撤回されたにもかかわらず、混乱が収束する兆しは見えない。 14日は、政府に抗議するデモ隊と親中国派のデモ隊が衝突。警察が介入する事態となった。 15日は、金鐘地区にある中国人民解放軍基地周辺で、一部デモ隊が警察に向かってれんがを投げつけたり、10月1日の中国建国…

もっと読む »

ビンラディン容疑者の息子殺害、トランプ米大統領が発表

[14日 ロイター] – トランプ米大統領は14日、アルカイダ指導者の故ウサマ・ビンラディン容疑者の息子のハムザ容疑者をテロ掃討作戦で殺害したと発表した。 ホワイトハウスが公表した声明の中で、トランプ大統領は、作戦はアフガニスタン─パキスタン地域で行われたと説明したが、これ以上の詳細は明らかにしなかった。 トランプ大統領はハムザ容疑者の死亡について「アルカイダから重要な指導力や、父親(故…

もっと読む »

すべての母親に警告、子供から絶対に目を離してはいけない理由

幼い子供がいる家庭は「絶対に子供から目を離してはいけない」という教訓を徹底して守っていることだろう。それも幼ければ幼いほど、実は身近なところに危険が潜んでいるのだ。しかし、ほんの一瞬目を離した隙に、大事故につながるケースも少なくない。…

もっと読む »

なぜありのままの自分に自信を持てないのか?

なぜこれほど多くの大人、特に若い世代がありのままの自分に自信を持てないのであろうか。子どもの成長過程に何らかの原因があるのか?下記が私の理論である。幼い子どもたちは皆、生きるために大人たちの支援に依存している。われわれはまた、生まれながらに大人たちの支援を切望し、探し求めるように組み込まれている。それが得られないとわかると不安を感じ、心の奥底で本能的な実存的恐怖を感じるのである。…

もっと読む »

何故ありのままの自分に自信を持てないのか?

なぜこれほど多くの大人、特に若い世代がありのままの自分に自信を持てないのであろうか。子どもの成長過程に何らかの原因があるのか?下記が私の理論である。幼い子どもたちは皆、生きるために大人たちの支援に依存している。われわれはまた、生まれながらに大人たちの支援を切望し、探し求めるように組み込まれている。それが得られないとわかると不安を感じ、心の奥底で本能的な実存的恐怖を感じるのである。…

もっと読む »

トランプ米大統領、戦略石油備蓄の放出を承認

[ワシントン 15日 ロイター] – サウジアラビアの石油施設への14日の攻撃を受け、トランプ米大統領は15日、必要に応じて米戦略石油備蓄を放出することを承認したと明らかにした。 大統領は、今回の攻撃によって原油価格に影響が及ぶ可能性を踏まえ、「必要なら戦略石油備蓄を放出することを承認した」とツイッターに投稿した。放出量については未確定だが、市場の潤沢な供給を維持する量になるとした。 大統領…

もっと読む »