新型肺炎の死者304人に、中国の感染者1万5000人に迫る

[北京 2日 ロイター] – 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、中国国内の死者が2月1日時点で304人となり、前日から45人増えた。いずれも湖北省中部で死亡が確認された。 国営放送CCTVが、中国国家衛生健康委員会の発表として伝えた。 感染者は新たに2590人が確認され、中国全土で1万4380人に達した。…

もっと読む »

スウェーデンで初の感染確認、武漢近辺訪れた女性 新型ウイルス

[ストックホルム 31日 ロイター] – スウェーデン保健当局は31日、新型コロナウイルスの感染者を確認したと発表した。スウェーデンでの感染確認は初めて。 感染者は中国・湖北省武漢近辺を訪れた女性で、スウェーデン到着後にせきの症状が出たため、同国南部の病院に入院した。重体ではないという。…

もっと読む »

ドイツ、6人目の新型肺炎患者 軍用機派遣で中国から国民退避へ

[ベルリン 31日 ロイター] – ドイツ政府は31日、国内6人目の新型コロナウイルスによる肺炎の感染患者を確認したことを明らかにした。 ドイツではこれまでにバイエルン州で5人の患者が確認されているが、今回新たに感染が確認されたのはこのうち1人の子供。5人は自動車部品製造のベバスト[WEBA.UL]の従業員で、中国から同僚が訪問した後に感染が判明した。6人とも容態は安定しているという。 バイエルン…

もっと読む »

スコット・キャロンのいちごアセットグループ、危うい会社ジャパンディスプレイに1000億円の逆張り投資

倒産寸前危険な会社リスト。初心者は、触れない方が身のためです。 pic.twitter.com/FGCryqM5nl— HYDE@ハイブリッド投資 (@hide_ipo) 2019年12月13日
週刊東洋経済 2019年12/14号 最新! 危うい会社リストJDIようやくいちごトラストから1008億円の資金を調達 pic.twitte…

もっと読む »

米、新型肺炎で緊急事態宣言 強制隔離や入国禁止措置実施へ

[ワシントン/上海/北京 31日 ロイター] – 米政府は31日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大について、公衆衛生上の緊急事態を宣言した。 アザー米厚生長官は、前日の世界保健機関(WHO)による緊急事態宣言を踏まえ、「米国としての公衆衛生上の緊急事態を宣言する」と表明した。 米国内での感染拡大阻止に向け、新型肺炎の震源とされる中国・湖北省に渡航した米国民を強制的に隔離するほか、過去14日間…

もっと読む »

情報BOX:新型肺炎、武漢からの自国民退避急ぐ各国政府

[31日 ロイター] – 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がっていることを受けて、各国は武漢からの自国民退避を急いでいる。 以下、現在までに判明している各国の退避計画をまとめた。 ◎日本 31日までにチャーター便3機で合計565人の邦人が帰国。茂木敏充外相によると、なお帰国を希望している邦人が約140人いるが、4回目のチャーター便の時期ついては調整中。「今週中はない…

もっと読む »

中国、日本の武漢市民向けの帰国便手配 第1便はあす羽田から

[北京 31日 ロイター] – 駐日中国大使館は31日、上海に本拠を置く春秋航空に、日本で足止め状態となっている武漢市民を帰国させるチャーター便の運航を要請した。 駐日中国大使館のウェブサイトに公表された声明によると、第一便は2月1日に羽田空港から発つ予定。…

もっと読む »

31日到着のチャーター便の帰国者、体調不良は10人=菅官房長官

[東京 31日 ロイター] – 菅義偉官房長官は31日午後の会見で、中国・武漢から31日に日本に到着したチャーター便で帰国した149人のうち、体調不良者は10人だったと明らかにした。30日に日本に到着した第2便で帰国した人のうち、入院していた26人の新型コロナウイルスの検査については「なお分析中」とした。 中国では60代の邦人男性1人がウイルスへの感染が疑われて入院しているが、これ以外に感染が疑…

もっと読む »

新型肺炎で「封鎖」の湖北省、徒歩での出入りなお可能

[九江(中国) 31日 ロイター] – 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国湖北省では発生源とされる武漢市を中心に車両の通行が事実上封鎖されているが、長江に架かる橋を徒歩で渡って同省に出入りすることは依然可能となっている。 長江は江西省九江市と、隣接する湖北省の黄岡市を隔てている。黄岡市は新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な都市の1つで、事実上封鎖状態にある。 しかし、長江に架かる橋…

もっと読む »

新型肺炎、米国で航空会社職員が中国便の運航停止要求

[シカゴ/パリ 31日 ロイター] – 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が急速に広がる中、米国では航空会社の操縦士や客室乗務員が中国便の運航停止を要求しており、アメリカン航空の操縦士は中国便の即時運航停止を求めて提訴した。 新型肺炎を巡っては、世界保健機関(WHO)が国際的な公衆衛生上の緊急事態を宣言。中国の感染者は1万人に迫り、死者は213人に達した。…

もっと読む »

当面、過去2週間以内に湖北省滞在歴ある外国人の入国を拒否=首相

[東京 31日 ロイター] – 安倍晋三首相は31日午後、首相官邸で開かれた第3回新型コロナウイルス感染症対策本部で、「当分の間、入国の申請日前14日以内に湖北省における滞在歴がある外国人、または湖北省発行の中国旅券を保持する人は特別な事情がないかぎり入管法に基づき入国を拒否する」と述べた。 (竹本能文※)…

もっと読む »

焦点:新型肺炎はなぜ広がったか、検査受けられない武漢の実態

Yawen Chen Cate Cadell [北京 28日 ロイター] – ヤン・ツォンギ(53)さんは発熱の症状が見られてから2週間過ぎても、まだコロナウイルスの検査を受けられずにいた。息子のツァン・チャンチュンさんによると、医師たちは密かに家族に対し、感染はほぼ確実だと告げていた。 ヤンさんだけでない。中国湖北省武漢市の住民の多くは、なかなか新型コロナウイルスの検査や治療を受けられずにいる。…

もっと読む »

新型肺炎、指定感染症の施行日を2月1日に前倒し=菅官房長官

[東京 31日 ロイター] – 菅義偉官房長官は31日の閣議後会見で、新型コロナウイルスによる感染症を指定感染症等とする政令の施行日を2月1日に前倒しすると発表した。従来は2月7日を予定していた。 一方、中国・武漢からの邦人退避のためのチャーター便について、運賃は政府が負担する方向で検討すると述べた。 菅官房長官は指定感染症の施行日前倒しについて、世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言を受…

もっと読む »

新型肺炎で世界に「反中感情」広がる、入店拒否やネット誹謗も

[ジャカルタ/ハノイ 30日 ロイター] – 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大とともに、世界中に反中国感情が広がりつつある。中国人観光客が入店を断られるケースや、ネット上で変わった動物の肉を食べる習慣をあざける投稿なども見られる。 これまでに中国から十数カ国に感染が拡大しているが、その多くは中国との関係が微妙になっている東南アジア諸国だ。これらの国では、中国による巨額のインフラ投資や南シナ海…

もっと読む »
PAGE TOP