無印良品、弱り目(国内外の不調)に祟り目(ネットストア長期停止)

小売店の既存店売上動向。軽減税率のないお店はセールで売上を稼ぐしかない。みんながワークマンになれるわけないし。https://t.co/JnMmqLIQ8q pic.twitter.com/WhSflnL5Oo— ニッポンの数字 (@nippon_num) 2020年1月14日
不良品計画になっとるやんけ pic.twitter.com/LxFGKb…

もっと読む »

蔡英文氏が大勝 中国の台湾政策に変化もたらすのか

1月11日に行われた台湾総統選では、与党・民進党の蔡英文総統(63)は、817万票と過去最多得票で再選を果たした。対中融和路線の最大野党・国民党の韓国瑜・高雄市長(62)の552万票の得票を大幅に上回り圧勝した。専門家は、中国当局が今後台湾政策を変更するかに注目する。…

もっと読む »

アジアで自由求める動き広がる バノン氏「トランプ・ドクトリンが強く影響」

新年を迎えたばかりの香港、台湾とイランの各地では、全体主義を拒否し自由を求める声が高まっている。トランプ米大統領の顧問を務めたスティーブン・バノン氏は、過去の宥和政策を止め、中国共産党とイランの現体制を正面から対抗するトランプ大統領の政策方針、「トランプ・ドクトリン」が自由・民主主義を求める中東およびアジアの人々に影響を与えているとの見方を示した。…

もっと読む »

米為替報告書要旨(2020年1月)

[13日 ロイター] – <エグゼクティブサマリー> 世界経済は2019年も減速を続けた。成長は米国では良好に維持されてきたが、様々な課題が世界の活動を圧迫する中、他の多くの主要経済国は減速してきた。これには、多くの欧州・中南米諸国における政治的不確実性、いくつかの大規模な新興市場における金融の混乱、企業債務の脆弱性に対処するための中国の努力、及び現在進行中の地政学的緊張が含まれる。成長はまた、特…

もっと読む »

中国、第1段階合意で米からの輸入拡大を確約 農産品2年で320億ドル増=関係筋

[ワシントン 14日 ロイター] – 米国と中国が15日に調印する「第1弾」通商合意について、中国が米製品・サービスの購入を向こう2年間で拡大すると確約したことが、関係者の話で明らかになった。 合意の説明を受けた関係筋によると、中国は向こう2年間に、米国で製造された製品を2017年比で約800億ドル増やす。このほか、エネルギー関連で500億ドル強、サービスで約350億ドル、農産品で約320億ドル…

もっと読む »

日本、UAEアブダビとの共同石油備蓄事業の延長・拡充で合意

[東京 14日 ロイター] – 日本政府は、アラブ首長国連邦アブダビとの間で、共同石油備蓄事業を延長し、備蓄容量を増やすことで合意したと発表した。中東情勢が緊迫化する中、危機対応力を引き上げることにつながるとしている。 中東を訪問している安倍晋三首相とアブダビのムハンマド皇太子との会談に合わせ、合意文書の署名・交換が行われた。 この共同備蓄事業は、2009年6月に開始。鹿児島県にある原油タンクを…

もっと読む »

米、ベネズエラに追加制裁 7個人が対象

[ワシントン 13日 ロイター] – 米政府は13日、ベネズエラのマドゥロ大統領の指示に従って民主的な手続きを阻止しようとしたとして、同国の政治家7人に制裁を科した。 ベネズエラでは今月、野党勢力が国会の議場から閉め出され、与党・統一社会党(PSUV)がルイス・パラ議員を国会議長に選出。野党指導者フアン・グアイド氏など野党議員はこれに反発し、グアイド氏を国会議長に再選した。 ムニューシン米財務長官…

もっと読む »

イラン反政府デモ3日目、発砲との情報も トランプ氏が警告

[ドバイ 13日 ロイター] – イランでは13日、3日目となる反政府デモが起きた。同国の革命防衛隊がウクライナの旅客機を誤って撃ち落としたことを巡り、政府が当初否定していたことに対する批判が高まっている。 ネットに投稿された動画によると、首都テヘランやイスファハンでは数百人の人々が路上に集まり、学生らは大学の外で「(イラン指導部の)聖職者たちよ、失せろ」などと声を上げた。2日間の抗議活動の様子を…

もっと読む »

米財務省、中国の「為替操作国」認定を解除 通商合意の署名控え

[ワシントン 13日 ロイター] – 米財務省は13日、貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を公表し、中国の「為替操作国」認定を解除したと明らかにした。 報告書は公表が遅れていたが、米中両政府による「第1段階」の通商合意署名を15日に控える中、発表された。 財務省は昨年8月、中国が輸出面で不当に優位な競争環境を作り出しているとして1994年以来初めて為替操作国に認定していた。 財務省…

もっと読む »

米政府、対米外国投資委員会の権限強化 豪・加・英は適用を免除

[ワシントン 13日 ロイター] – 米政府は13日、対米外国投資委員会(CFIUS)の権限を強化する最終規則を発表した。来月13日に発効する。 財務省高官が明らかにしたところによると、オーストラリア、カナダ、英国の一部の企業は権限強化の対象外となる。 CFIUSは、安全保障上の観点で外国企業の対米投資を審査する委員会。中国企業による買収を厳しく審査するケースが増えており、中国の対米投資はすでに…

もっと読む »

UAE、日本で原油810万バレル超貯蔵へ 経産省と合意

[カイロ 13日 ロイター] – アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ国営石油会社(ADNOC)[ADNOC.UL]は、日本の石油施設に810万バレル超を貯蔵することで経済産業省・資源エネルギー庁と合意した。国営の首長国通信(WAM)が13日伝えた。 今回の合意は、2019年に期限を迎えた双方の合意内容を更新・拡充したものとなる。 期間3年となる新たな合意の下、ADNOCは日本の施設に原油を貯蔵…

もっと読む »

米シアトル市、外国の影響受ける企業の政治献金禁止へ 法案可決

[シアトル 13日 ロイター] – 米ワシントン州シアトル市議会は13日、外資が少なくとも5%を保有する企業が地方選挙で政治献金を行うことを禁止する法案を全会一致で可決した。 シアトルの措置は、同市最大の雇用主であるアマゾン・ドット・コムによる政治的影響力を抑制する狙いがあるとみられている。 リフィニティブによると、アマゾンは外国人投資家が少なくとも9%の株式を保有している。…

もっと読む »

インド政府、マレーシア産パーム油のボイコットを呼びかけ

[ムンバイ 13日 ロイター] – 複数の関係筋によると、インドのパーム油輸入業者は、マレーシアからの輸入を事実上すべて中止した。 マレーシアのマハティール首相がインド政府を批判したことを受けて、インド政府が非公式に輸入業者にボイコットを指示したという。 インド政府は、精製パーム油とパーム・オレインの輸入も制限しており、関係筋によると、インドの輸入業者はマレーシア産のパーム原油と精製パーム油の購入…

もっと読む »

米中の第1段階合意は「止血」、貿易戦争は継続=米商工会幹部

[北京 13日 ロイター] – 全米商工会議所のマイロン・ブリリアント上級副会頭は13日、今週15日に予定される米中の「第1段階」通商合意の署名について、「止血」にはなるものの、貿易戦争の終結にはならないという考えを示した。 副会頭は当地での記者会見で、第一段階の合意を受け「両国とも確実に安心感が広がっている」と指摘。合意内容は当初の見立てよりも前向きで、「それを実行することが信頼の構築や確実性、…

もっと読む »

タイで新型肺炎、感染の中国人女性を隔離 中国国外で初

[バンコク 13日 ロイター] – タイ当局は13日、新型コロナウイルスに感染した中国人女性1人を隔離したと発表した。中国湖北省武漢市で発症が相次いでいる同ウイルスの感染患者が中国以外で確認されたのは初めて。 国営メディアによると、中国ではこれまで41人が新型コロナウイルスの感染が疑われる肺炎を発症し、61歳の男性1人が死亡した。 タイ保健省は今月3日以来、12人の旅行客を隔離し、検査の結果、61…

もっと読む »