鈴木茂晴(日本証券業協会会長)の「私の履歴書」、大和証券入社から犯罪すれすれの武勇伝に様変わり

日本証券業協会会長の鈴木茂晴さんは大和証券の社長、会長を務めました。バブル期の狂乱、その後の長い不況を経験し、やがて同社のトップに。住友銀行との提携と決別の舞台裏も赤裸々につづります。型破りな証券マンの波瀾万丈の物語です。 https://t.co/9Ys43OD8hG— 日経 …

もっと読む »

フィリピン首都近郊の火山噴火、金融市場の取引も中止

[マニラ 13日 ロイター] – フィリピンの首都マニラ近郊の火山が12日に噴火し、周辺住民1万6000人以上が避難している。13日は学校が休校、官公庁は閉庁し、証券取引所をはじめ為替、債券の取引も中止された。 噴火したのは、マニラの南約70キロメートルにあるタール火山。火山灰がマニラにも降り、マスクがすぐに売り切れた。 マニラ国際空港は、12日に少なくとも240便が遅延または欠航したが、13日は…

もっと読む »

武漢の原因不明肺炎、感染拡大の兆しなし海鮮卸市場に関連性=WHO

[ロンドン/北京 12日 ロイター] – 世界保健機関(WHO)は8日、中国湖北省武漢市で発症が相次いでいる原因不明の肺炎について、武漢市の海鮮卸売市場に関連性があり、いまのところ同市以外で発症報告はないと表明した。 中国当局は前週、原因不明の肺炎が重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)の原因となるウイルスに属する新種のウイルスだと発表。これを受けて、大規模な流行…

もっと読む »

米陸軍、アジアの安全保障強化へ特別部隊配備を計画 中国に対抗

[ワシントン 10日 ロイター] – 米陸軍のライアン・マッカーシー長官は10日、太平洋地域で中国に対し情報、電子、サイバー、ミサイル作戦を展開する2つの特別部隊を配備する計画を明らかにした。 部隊の展開は今後2年にわたる見通しだとし、「中国が米国の戦略的脅威として台頭する」ため、米陸軍は太平洋地域でプレゼンスを改めて拡大するとした。 新たな部隊の配備は中国とロシアがすでに備える能力の無効化に寄与…

もっと読む »

米が非核化協議再開を打診、北朝鮮はけん制

[ワシントン/ソウル 12日 ロイター] – オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、米政府が北朝鮮に協議再開を打診したことを明らかにした。米ニュースサイト、アクシオスが12日伝えた。一方、北朝鮮は、トランプ米大統領が韓国高官に託した金正恩朝鮮労働党委員長への誕生日メッセージを受け取ったことを確認したうえで、金委員長とトランプ大統領の個人的関係が、協議再開に結びつくわけではないとけん…

もっと読む »

ポリティカル・コレクトネスの呪い

ポリティカル・コレクトネス(政治的に正しいことば使い、通称ポリコレ)― それはアイデンティティーを傷つけられたと主張し合う終わりのない闘争である。これを生き物に例えると、スピロヘータ(らせん状の細菌)みたいなもので、生き残るために寄生した宿主の肉体を徐々に侵していく。…

もっと読む »

アングル:揺らぐイラン指導部の正統性、旅客機撃墜に憤る国民

Parisa Hafezi Tuqa Khalid [ドバイ 11日 ロイター] – ウクライナ旅客機が墜落したことへの対応に国内で怒りが広がり、イランのイスラム政権が正統性の危機に直面している。墜落はイランがミサイルを誤射したことが原因だったが、軍が撃墜を認めるまでに3日間を要した。 最も影響力のあったイラン革命防衛隊の司令官が米軍に殺害されて以降、イランでは国内に一体感が広がっていたものの、…

もっと読む »

イランで連日抗議デモ、「敵はここにいる」と指導部の退陣要求

[ドバイ 12日 ロイター] – イラン指導部がウクライナ旅客機の撃墜を認めたことを受け、同国では12日、前日に続き各地で抗議デモが起きた。イランは当初、撃墜を否定していた。 ツイッターに投稿された動画によると、首都テヘランにある大学の外で行われたデモでは、抗議グループが「(指導部は)敵は米国だと嘘をついている。敵はここにいる」と声を上げた。 別の大学の外で行われたデモや、テヘランのアザディ(自由…

もっと読む »

米中通商合意、翻訳過程で中国の約束に変更ない=米財務長官

[ワシントン 12日 ロイター] – ムニューシン米財務長官は12日、中国との「第1段階」の通商合意について、合意文書の翻訳の過程で中国側の約束は変わっておらず、ワシントンでの今週の署名に合わせて内容を公表すると言明した。 「第1段階」の通商合意は1月15日に調印式を控えているが、ホワイトハウス当局者は10日、中国語の合意文書はまだ完成していないと明らかにした。[nL4N29F3AI]…

もっと読む »

米中、「包括経済対話」再開で合意 1月15日に発表の見通し

[11日 ロイター] – 米国と中国は、両国の経済問題について協議する「米中包括経済対話」の再開で合意した。 事情に詳しい関係筋によると、経済対話の再開は、1月15日に予定される「第1段階」の米中通商合意への調印の一環として発表される。 定期対話が再開されれば、両国間の通商協議とは別に、安定した高官級協議の場が得られることになる。 経済対話はムニューシン米財務長官と中国の劉鶴副首相が率いる可能性が…

もっと読む »

テレビ朝日、不必要に煽ったサッカー東京五輪アジア最終予選が森保一監督のせいで残り全て消化試合に

「東京五輪アジア最終予選」「負ければ終わりの試練の一戦」「絶対に負けられない戦い」テレ朝得意の印象操作。負けたら五輪に出れないような感じに不必要に煽るけど、日本は開催国枠枠で五輪出場が決まっています。日本以外の国の五輪予選を兼ねたU23のアジア大会。— ひ…

もっと読む »