米中の第1段階合意、トランプ氏の策略と中国の負け(上)=程暁農氏

米中双方はこのほど、通商交渉が第1段階の原則合意に達したと発表した。多くのメディアは、合意文書の詳細内容や、追加関税の引き下げ、中国側の米農産物購入拡大などという表面的な事象で、両国の勝ち負けを判断している。実に、今回の交渉は波乱万丈、あるいは紆余曲折といっても過言ではない。交渉の結果は「何%の関税」に現れるのではない。中国という「世界の工場」がどれほどの打撃を受けれるかを見極めなければならなない。…

もっと読む »

フェミニズムの弊害

すべての不仲の原因は、男性と女性が互いに闘争しているからであり、愛し合わないからである。永続的な愛をみつけたいのなら、身体的な特徴に従うべきであり、それに抗うべきではない。あなたが求めているものは、そこにあるだろう。…

もっと読む »

台湾総統選、現職の蔡英文氏が圧勝 対中関係さらに緊張

[台北 11日 ロイター] – 11日に投開票された台湾総統選は、中国を厳しく批判した現職の蔡英文氏が地滑り的な勝利を収めた。軍事的なムチと経済的なアメを使って自国制度の受け入れを迫る中国との緊張が、さらに高まる可能性がある。 今回の選挙は民主化を求める香港の反政府活動が大きな争点で、蔡陣営は台湾がデモ参加者の希望だと訴え、中国が提案する「一国二制度」を拒否。過去最多となる約820万票を獲得し、…

もっと読む »

旅客機撃墜を認めたイラン、国内で抗議デモ トランプ氏が支持

[ドバイ 12日 ロイター] – ウクライナ旅客機の撃墜を認めたイラン指導部に対し、国内外で批判が高まっている。国内ではテヘランなど複数の都市で指導部への抗議デモが発生。英国大使がデモをあおったとして、当局に拘束される事態となった。 8日に起きた撃墜を否定していたイランは11日、米軍の攻撃に対する警戒中にミサイルを誤射し、176人が乗るウクライナ機を誤って撃ち落としたと認めた。ロウハニ大統領は「…

もっと読む »

歯が痛くてつらい時は 驚きの万能ツボ「合谷」

歯の痛みはとてもつらいですよね。 仕事や勉強にも集中もできないし、イライラするし、あまりに痛いと眠れなかったり、でも歯が痛いけど歯医者にいく時間がないなんていうような時は困りますよね。そんな時は、まず合谷のツボを押してみましょう。痛みが和らぐのを感じるはず。…

もっと読む »