中国CPI、9月に3%上昇 豚肉価格約7割急騰 

中国国家統計局は15日、9月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比3%上昇したと公表した。2013年以来最大の上昇幅となった。アフリカ豚コレラの影響で、豚肉の価格が急騰したことが主因だ。また、国家統計局が発表した9月の生産者物価指数(PPI)は同1.2%低下し、3年ぶりの大きな下げ幅となった。…

もっと読む »

中国孤児がアメリカ代表の体操選手に! ある少女のサクセスストーリー

モーガン・ハード18歳。眼鏡をかけたまま演技する、体の小さなアメリカの体操選手です。2017年の世界体操選手権大会・女子総合で、若干16歳にして金メダルを獲得しました。体操界で華々しい活躍をするモーガンですが、彼女には中国南部の梧州という街の病院に捨てられた孤児だったという生い立ちが。彼女の成功の裏に隠されたストーリーとは、一体どんなものなのでしょうか?…

もっと読む »

世界の特許出願、中国での受け付けが全体の半分近くに

[ジュネーブ 16日 ロイター] – 国連の世界知的所有権機関(WIPO)は16日、2018年の世界の特許出願件数が330万件だったことを明らかにした。 出願の受け付け国では中国が前年比11.6%増の154万件と、世界全体の半分近くを占めた。業種別では通信・コンピューター技術分野の出願が目立ち、海外の発明者や外国企業が中国での特許保護を求めて出願したケースが全体の1割に達した。 2位は米国で、…

もっと読む »

中国共産党思想学習アプリに「乗っ取り」機能搭載か ユーザー「デジタル手錠」

中国共産党が市民に向けて、党紀やイデオロギーを学習する様にアプリを作成している。すでに1億人以上が携帯電話に導入しているが、このアプリは、当局側が機密に管理権限を明け渡し、電話の持ち主のすべての情報を操作できるようになる機能があるという。米国当局の支援調査で明らかになった。…

もっと読む »

中国共産党思想学習アプリに「乗っ取り」機能搭載か ユーザー「テジタル手錠」

中国共産党が市民に向けて、党紀やイデオロギーを学習する様にアプリを作成している。すでに1億人以上が携帯電話に導入しているが、このアプリは、当局側が機密に管理権限を明け渡し、電話の持ち主のすべての情報を操作できるようになる機能があるという。米国当局の支援調査で明らかになった。…

もっと読む »

米中通商協議の「第1段階」合意、専門家「不確実性残る」

トランプ米大統領は11日、中国当局との間で「第1段階」の通商合意に達したと発表した。双方は知的財産権問題で金融サービス分野、中国による大規模な農産物購入で合意した。中国官製メディアは同合意について冷ややかな態度を示している。一部の専門家は今回の協議に不確実性があると指摘する。…

もっと読む »

心優しい看護師さん!変装して小児がんの子と戦争ごっこ

4歳のドリュー君は2018年のクリスマスイブに珍しい脳のガンである髄芽腫だと診断されました。それまでドリュー君はずっと頭痛や嘔吐を繰り返していましたが、両親はただの風邪だとしか思っていませんでした。そのため、ガンだと診断されて両親はとてもショックを受けました。ドリュー君の脳にはレモンほどの腫瘍があり、緊急手術をする必要がありました。…

もっと読む »

ルノー次期CEO選び、国籍より経験や実績が重要に=仏政府高官

[パリ 15日 ロイター] – フランスのパニエリュナシェール経済財務副大臣は15日、自動車大手ルノーの次期最高経営責任者(CEO)の選定基準について、国籍よりも企業の抜本的な改革を手掛けた経験や、業界における実績が重要になると強調した。 ルノーは先週、ティエリー・ボロレCEOの解任を決定するとともに次期CEO選びを開始。トップ交代によって、日産自動車との関係修復…

もっと読む »

米下院、香港人権法案を可決 対中圧力強める

[ワシントン 15日 ロイター] – 米下院は15日、香港が高度な自治を維持しているかどうか米政府に毎年検証することを求める「香港人権・民主主義法案」など中国への圧力を強める複数法案を可決した。 法案は全て、超党派の支持を得て全会一致で可決された。民主・共和両党は、中国により強固な姿勢で臨み、香港で4カ月続く抗議デモを支援することが必要だとの認識で一致した。 香港人権・民主主義法案は、一国二制度に…

もっと読む »

FRB当局者、米中部分合意後も不透明感指摘 分かれる政策判断

[ロサンゼルス 15日 ロイター] – 連邦公開市場委員会(FOMC)が2週間後に迫るなか、米連邦準備理事会(FRB)の当局者らは米中通商交渉の部分合意が、景気の重しとなっている政策の先行き不透明感を払拭するには、十分ではないと認識しているようだ。 しかし、失業率が歴史的な低水準にあり、消費支出が堅調なため、FRBの当局者が一致して追加利下げの必要性を訴えるという状況からは、かなり距離がある。…

もっと読む »