「百度」創業者・李彦宏氏、「バイドゥ・クラウド」執行取締役を退く

中国の検索エンジン大手、百度(バイドゥ)の創業者である李彦宏(ロビン・リー)氏はこのほど、傘下クラウド・ストレージ・サービス、百度雲コンピューティング技術有限公司(以下は百度雲)の執行取締役を退任したことが分かった。中国当局が民営企業の国有化を進め、大企業の創業者が次々と要職を退任したなか、李氏への注目が集まった。…

もっと読む »

インド太平洋地域のパートナー、中国の拡大を食い止めるために連携すべき=専門家

海洋のパワーバランスに関する討論会が10月6 日、横浜で開催された。米国、日本、インド、オーストラリアなど、自由で開かれたインド太平洋構想の価値を共有する国の外交官や軍事専門家は、インド太平洋地域の重要性の高まりと南シナ海の緊張の高まりについて議論した。…

もっと読む »

ノーベル化学賞に吉野彰氏ら3氏、リチウムイオン電池を開発

[ストックホルム 9日 ロイター] – スウェーデンの王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、スマートフォンなどに使用されているリチウムイオン電池を開発したとして、旭化成の吉野彰氏ら3人に授与すると発表した。 王立化学アカデミーは声明で「この軽量で再充電可能なパワフルなバッテリーは現在、携帯電話からラップトップコンピューター、電気自動車までさまざまな製品に使われている」と述べた。…

もっと読む »

中国もビザ発給制限へ、米に対抗 CIA当局者など対象に=関係筋

[シンガポール 9日 ロイター] – 中国が、反体制派と関係がある米国人へのビザ発給規制を厳格化する方針であることが、複数の関係筋の話で明らかになった。米政府はすでに中国政府高官に対し同様の措置を発表している。 中国公安省は数カ月前から、米国の情報機関や人権団体の職員や、後援を受けている人の中国渡航を制限するルール作りを進めている。 米国は5月に中国人の学者などに対するビザ発給ルールを厳格化。10…

もっと読む »

「サウスパーク」最新話、中国の言論統制や臓器狩りを描写 当局に皮肉の謝罪

米大人向けアニメ「サウス・パーク」の最新エピソードが中国当局による強制臓器摘出、強制収容所での殺人、言論統制、習近平国家主席を思い浮べる熊のプーさん、香港の抗議活動などの内容に触れたため、中国当局は7日同アニメに関するネット情報を徹底的に封じ込め、放送禁止にした。…

もっと読む »

現時点で把握している限り、前回増税時のような駆け込みない=安倍首相

[東京 9日 ロイター] – 安倍晋三首相は9日午後の参院本会議での代表質問で、今回の消費税率引き上げに関連し、「十二分な対策を講じている」と述べ、「現時点で把握できる限りにおいて、(前回増税した)2014年のような大きな駆け込み需要は見られない」との認識を示した。 補正予算については「具体的に想定していない」としつつ、「下振れリスクが顕在化する場合は対策を講じる」との見解をあらためて示した。…

もっと読む »

エクアドル国営石油、デモの影響で3分の1減産も=エネルギー省

[キト 8日 ロイター] – エクアドル・エネルギー省は8日、財政緊縮策に対する抗議デモの影響で国内油田は「不安定な状況」にあり、国営石油会社ペトロアマゾナスの原油生産に日量約16万5000バレル(同社全生産量の3分の1に相当)の減産が生じる可能性があると述べた。 同省は、アマゾン地域にある3油田「サチャ」「リベルタドル」「アウカ」が影響を受けていると説明。サチャ油田ではデモ参加者が「暴力的に」…

もっと読む »