中国の人権活動家ら ペンス米副大統領と面会 人権侵害加担者へ「マグニツキー法」発動要望

ペンス米副大統領は8月5日、ホワイトハウスの副大統領執務室で、中国人権活動家や宗教組織の代表者らと会談した。出席者は、中国政府高官ら迫害に関与する人物のリストを手渡し、人権グローバル・マグニツキー法を発動するよう要望した。…

もっと読む »

ペンス米副大統領、中国の人権活動家らと面会 人権侵害加担者へマグニツキー法発動を要望

ペンス米副大統領は8月5日、ホワイトハウスの副大統領執務室で、中国人権活動家や宗教組織の代表者らと会談した。出席者は、中国政府高官ら迫害に関与する人物のリストを手渡し、人権グローバル・マグニツキー法を発動するよう要望した。…

もっと読む »

ペンス米副大統領、中国の人権活動家らと面会 人権侵害加担者へ「マグニツキー法」の発動を要望

ペンス米副大統領は8月5日、ホワイトハウスの副大統領執務室で、中国人権活動家や宗教組織の代表者らと会談した。出席者は、中国政府高官ら迫害に関与する人物のリストを手渡し、人権グローバル・マグニツキー法を発動するよう要望した。…

もっと読む »

ペンス米副大統領、中国の人権活動家らと面会 人権侵害加担者へマグニツキー法の発動を要望

ペンス米副大統領は8月5日、ホワイトハウスの副大統領執務室で、中国人権活動家や宗教組織の代表者らと会談した。出席者は、中国政府高官ら迫害に関与する人物のリストを手渡し、人権グローバル・マグニツキー法を発動するよう要望した。…

もっと読む »

日経平均、「おはぎゃあ」を伴うパニック売りとパニック買いの末に-134.98円

おは…何これ…使徒きたん?(‘A`) pic.twitter.com/UbTWTDBSar— ぽいふる❁令和の如く (@poifull_fx) 2019年8月5日
新世紀エヴァンゲリオンhttps://stockcharts.com/freecharts/CME日経225先物「2万円割れ」😱おはぎゃあああああ米財務長官「中国を為替操作国と認定」⚠️⇒…

もっと読む »

中国国際航空、北京─ハワイ線を8月27日から運航停止

[北京 6日 ロイター] – 中国国際航空(エアチャイナ)は6日、運航路線を見直した結果、北京─ハワイ線を8月27日から運航停止とすると発表した。 米中貿易摩擦が激化する中、旅行需要は引き続き低迷している。 エアチャイナはウェブサイトに掲載された発表文書で、同日以降の航空券を購入した人は全額払い戻しを受けると説明した。 北京─ハワイは週3回運航している。 中国の航空データ…

もっと読む »

01─17年に消失した米国の自然地域は約1000万ヘクタール=リポート

[6日 ロイター] – 米有力シンクタンク「アメリカ進歩センター(CAP)」は6日、2001─17年に米国で喪失した自然地域は971万2455.41ヘクタール(グランドキャニオン国立公園9個分)に匹敵するとのリポートを発表した。 農業、エネルギー開発、住宅地拡大その他の人的要因が原因で、これにより、米国は気候変動による影響をより受けやすくなっているという。 リポートは、米国は自然地域の急速な減少を…

もっと読む »

米国防長官、北朝鮮のミサイル発射に「過剰反応せず」

[東京 6日 ロイター] – エスパー米国防長官は6日、ここ数週間の北朝鮮による複数回のミサイル発射に米国は過剰反応はせず、北朝鮮との対話の扉は開いておく方針だと述べた。 韓国軍合同参謀本部は6日、北朝鮮が南西部の黄海南道付近から海に向けて2発の飛翔体を発射したと明らかにした。北朝鮮による飛翔体の発射は7月25日以降4度目。北朝鮮は、米韓合同軍事演習は外交上の合意に違反していると非難している。[…

もっと読む »

中国、米がアジアにミサイル配備なら対抗措置 同盟国にも警告

[北京 6日 ロイター] – 中国は6日、米国が地上配備型の中距離ミサイルをアジアに配備すれば中国は対抗措置を講じるとし、自国領土への配備を認める米同盟国も影響を受けると警告した。 エスパー米国防長官は3日、早ければ数カ月中にも地上配備型の中距離ミサイルをアジアに配備することに前向きな姿勢を示した。 米国は2日、旧ソ連と1987年に締結した中距離核戦力(INF)廃棄条約を正式に離脱した。…

もっと読む »

米大統領、ベネズエラ政府資産を凍結

[ワシントン 5日 ロイター] – トランプ米大統領は5日、米国内のベネズエラ政府資産をすべて凍結する大統領令に署名した。マドゥロ大統領の追放を目指す政策の一環。 米政府は先にベネズエラの国営石油会社PDVSAや同国の金融部門などに対する制裁を導入しているが、今回の制裁は従来の制裁をはるかに上回る厳しい内容。 ホウィトハウスが発表した大統領令は「米国内にあるベネズエラ政府…

もっと読む »

米、大統領選まで中国と通商合意なし、利下げ年内2回=ゴールドマン

[ロンドン 6日 ロイター] – ゴールドマン・サックスは、米国と中国は2020年11月の米大統領選挙までには通商協議で合意しないとの見方を示した。ゴールドマンのエコノミスト、ヤン・ハチウス氏がリポートを公表した。 また「通商政策のリスクの高まりや、一段の利下げに対する市場の期待、英国が合意なしに欧州連合(EU)から離脱する可能性に関する世界的なリスクの増大」などを踏まえて、米連邦準備理事会(…

もっと読む »

4度の流産で不育治療を選択 検査で明らかになった驚くべき事実とは!?

L: Facebook/God
数か月前に流産を経験した家族は、再び妊娠がわかる不安と緊張に包まれた。それでも母親のコートニー・ウォルドロップさんは6人の赤ちゃんを無事出産した。近年の統計によれば、アメリカでは毎年確認された妊娠の約15〜20%が流産している。その多くは妊娠7週目以内に起きており、悲しいことに同様の悲劇を複数回経験する家族もいる。コートニーさんと夫のエリックさんがそうだった。

もっと読む »

母親に置き去りにされた新生児、3日後に「お墓」から救出

南アフリカ人の母親によって生き埋めにされた赤ちゃんが3日後に救出された。なぜ生まれたばかりの赤ん坊を生き埋めにしたのか。彼女は信じられない理由を語った。2017年4月、南アフリカの製材所で働いていた従業員らは赤ん坊の泣き声に気づき、周辺を捜索した。そして間に合わせで作られたお墓に生き埋めにされた男の赤ちゃんを発見した。救出された赤ん坊は母親によって3日前に埋められていたことがわかった。…

もっと読む »

前足のない犬が走るようになった! 偶然の出会いから生まれた幸運

ある日、医学生のアダーラが通学路にて1匹の子犬と出会いました。その子犬は両前足を失っており、傷口が剥き出しで感染症の恐れもありました。アダーラは犬好きでしたがその時は医学生としてその子犬を苦しみから救ってあげようと決心しました。…

もっと読む »

10年間、足の不自由な女性のために集まった60人もの男性、その正体は?

毎晩、複数もの男性が、年老いた女性の家に出入りしているのをみかけたらあなたは不審に思い、警戒するでしょう。しかし、ユタ州に住むキャシー・フェルトさんに関しては、男性陣が来るか来ないかは死活問題だったのです。実はこの男性たち、ボランティアでやってくる近所の住人。毎晩交代制で、足の不自由な彼女をベッドに寝かしつけるためにやってきます。かれこれ10年間も続いているというから驚きです。…

もっと読む »

米人気俳優レミー・アデレーク、転落人生から成功への道 その転機は?

アフリカでは裕福な家庭に生まれましたが、後に彼の人生はひっくり返ります。麻薬の売人から海軍に転職をし、その後海軍特殊部隊に転進します。無神論者だったアデレークは信仰を持つようになり、海軍特殊部隊から俳優に転身し、現在は作者として活躍しています。…

もっと読む »