アングル:孤立するミャンマーに中国「一帯一路」の甘い誘惑

Shoon Naing Simon Lewis [ヤンゴン 7日 ロイター] – ミャンマーの与党・国民民主連盟(NLD)が結成されたのは、独裁政治に抵抗する最中だった。軍事独裁政権下にあって、NLDの活動家たちは獄中で何年も過した。 だが、3年前に政権を獲得して以降、ノーベル平和賞受賞者でもあるアウン・サン・スー・チー国家顧問率いるNLDは、当時からすれば考えられないような相手と手を組んでいる。…

もっと読む »

英拿捕のイランタンカー、米が押収を申請=ジブラルタル政府

[ロンドン 15日 ロイター] – 英領ジブラルタル自治政府は15日、欧州連合(EU)の対シリア制裁違反の疑いで前月拿捕(だほ)したイランの石油タンカー「グレース1」について、米司法省が押収を申請したと明らかにした。 ジブラルタル自治政府は声明で米司法省による申請を「現在検討中」と表明し、ジブラルタル最高裁で15日に再審理が行われると述べた。 英海兵隊は7月4日、制裁に違反してシリアに原油を輸送…

もっと読む »

香港政府、24億ドル規模の景気対策発表 抗議デモなど受け

[香港 15日 ロイター] – 香港政府は15日、191億香港ドル(24億4000万ドル)規模の景気対策を発表した。 抗議活動の激化や米中貿易戦争の長期化が、香港経済の大きな重しになっていることが背景。 香港の陳茂波財政長官が会見で明らかにした。 これに先立ち、同長官は香港政府が今年の域内総生産(GDP)伸び率の予想を2─3%から0─1%に下方修正するとの見通しを示した。 長官によると、景気対策…

もっと読む »

中国武装警察が香港境界近くで演習、抗議活動へのけん制か

[深セン(中国)/香港 15日 ロイター] – 中国深センの香港との境界に近い競技場で15日、中国人民武装警察(武警)が演習を実施しているのが確認された。香港で続いている「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動に対するけん制とみられる。香港に駐在する西側およびアジア諸国の外交関係者は、中国政府が人民解放軍や武警を香港に投入しようとは考えていないとみている。 すでに米国務省が、武警が香港との境界近くに集結…

もっと読む »

サイバーステップ、ゲームアプリ「トレバ」が2日前からAppleに締め出されていた件がバレて急落(その後復活)

トレバが神の手になってるの?— ありゃりゃ (@aryarya) 2019年8月15日
※クレーンゲーム「トレバ」※神の手になる=神の手で年商1200億円予定のブランジスタ、神の見えざる手であえなくゲームオーバー(2018/08/24)マジでトレバリジェクトされてんじゃん1回リジェクトされて…

もっと読む »

台湾蔡英文総統「総統府で一晩過ごしてみませんか」観光誘致の目玉企画

台湾は8月6日、100年以上の歴史を持つ総督府に一晩無料宿泊体験のサービスを始めた。世界中の観光客に、台湾の民主主義、自由、開放性を体験してもらいたいと説明する。台湾中国文化協会と台湾通信省観光局が共催する。8月1日、中国共産党政府は全面的に台湾への個人旅行を禁止した。蔡英文総統は自ら先頭に立ち、観光誘致の奇策を発表した。…

もっと読む »

中国本土メディア記者「私を殴れ」と香港デモ参加者を挑発 

香港国際空港で13日、「逃亡犯条例」改正案をめぐる抗議デモが行われた。抗議者らは、空港内にいた中国本土出身者3人について、中国当局の指示でデモ参加者に装ったのではないかと指摘した。3人のなかに、1人は中国政府系メディアの記者、付国豪氏であることがわかった。もう2人の徐錦煬氏と林志威氏は広東省深セン市の警官とみられる。…

もっと読む »

香港、空港は通常運航を再開 各地でさらなるデモも

[香港 15日 ロイター] – 香港の空港当局は、15日に通常の運航が再開されると明らかにした。香港では、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動が続いており、空港でのデモにより今週に入って1000便近くが欠航する事態となった。 16日と週末にかけても、各地でさらなる抗議活動が予定されている。 香港国際空港では13日夕、デモ隊と警察が衝突した。 同空港の厳重警備体制…

もっと読む »

米国の対中追加関税、聖書は適用外に

[ワシントン 14日 ロイター] – トランプ米政権は14日、対中追加関税の適用外となる製品のリストを公表した。それによると、中国で印刷された聖書は適用外となる。 米通商代表部(USTR)の発表によると、9月1日と12月15日から発動される10%の対中追加関税の適用外となる約25の製品カテゴリーの中に聖書は含まれている。 他の製品では、チャイルドシート、港湾や建設現場などで使われるクレーン、一部の…

もっと読む »

スイス政府、19年の財政黒字予想を大幅に上方修正

[チューリヒ 14日 ロイター] – スイス政府は14日、2019年の財政収支は28億スイスフラン(28億8000万ドル)の黒字になるとの予想を示した。 連邦税を中心とする税収増が見込まれるほか、移動体通信周波数入札と、競争当局が銀行に課した制裁金による収入が予想される一方、支出が予想を下回る見込みであることから、黒字幅は当初予想の2倍の見通しとなった。 政府は6月、2020年予算の草案を提出。…

もっと読む »

米フィラデルフィアの銃撃事件、容疑者の身柄確保

[15日 ロイター] – 米フィラデルフィア北部の住宅で14日起きた銃撃事件で、警察は15日未明、容疑者の身柄を確保したと発表した。 銃撃戦は、警察が薬物捜査のために家宅捜索しようとした際に起き、警官6人が負傷。容疑者は住宅に立てこもった。 立てこもりが始まってから約5時間が経過した15日未明に警察が突入、容疑者の身柄を確保した。詳しい状況は現時点では分かっていない。 メディアによると、容疑者は…

もっと読む »

中国自動車メーカー主要20社、負債総額が17兆円上回る

中国自動車産業は「厳しい冬」を見舞われている。今年7月末で、中国国内の自動車総販売台数が13カ月連続で減少している。このほど、中国の自動車メーカー大手20社の負債総額は2018年に1兆元(約15兆600億円)を上回り、過去最高水準となったことが明らかになった。…

もっと読む »

原油先物3%安、弱い経済指標や米原油在庫増加で

[ニューヨーク 14日 ロイター] – 米国時間の原油先物価格は約3%下落。中国と欧州のさえない経済指標を受けて需要懸念が再燃したほか、米原油在庫が2週連続で予想外に増加したことが背景。 清算値は北海ブレント先物が1.82ドル(3%)安の1バレル=59.48ドル。米WTI先物は1.87ドル(3.3%)安の55.23ドル。前日はそれぞれ4.7%と4%上げていた。…

もっと読む »

テキサス銃乱射、米政府はテロ行為と認定する必要=メキシコ外相

[メキシコ市 14日 ロイター] – メキシコのエブラルド外相は14日、米国のテキサス州エルパソで今月3日に発生した銃乱射事件について、メキシコ人を標的としたテロリズム行為だったとの認識を改めて表明し、米政府に対しテロ行為と認定するよう呼び掛けた。 エルパソで発生した銃乱射事件では22人が死亡。このうち8人がメキシコ国籍を持っていた。エルパソはメキシコとの国境に近く、事件を起こした男は移民に対する…

もっと読む »