中国」の検索結果

米軍艦船2隻が台湾海峡を航行、中国の反発必至

[ワシントン 22日 ロイター] – 米軍は、22日に海軍艦船2隻が台湾海峡を航行したと発表した。米中関係が緊張する中、台湾を自国領土と主張する中国の反発を招くとみられる。 米軍報道官がロイターに明らかにしたところによると、同海峡を航行したのは駆逐艦「プレブル」と燃料補給艦「ウォルター・S・ディール」。 米海軍第7艦隊報道官のクレイ・ドス中佐は声明文で「艦船による台湾海峡の通過は、自由で開かれた…

もっと読む »

減速する中国経済、かつての「爆買い」消費者に変化

[鄭州(中国河南省) 17日 ロイター] – スマートな黒のパンツスーツに身を包み、白いアウディを乗り回すZhao Naさんは、河南省の田舎出身だ。 29歳のZhaoさんは、不動産エージェントだ。買い物が大好きで、ルイヴィトンやプラダのハンドバッグに目がないという。彼女のような派手におカネを使う消費者を目当てに、世界のトップのブランドが5兆ドル(約550兆円)超の中国小売市場に先を争って参入した。…

もっと読む »

ファーウェイの次は監視カメラメーカーか 米、中国企業に相次ぐ厳しい措置

トランプ米政権は、国家安全保障上の脅威があるとして中国企業に対して全面的に封じ込める姿勢を強めている。先週中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に続き、米政府は今週、中国のドローン・メーカーや監視カメラメーカーに対して懸念を示した。…

もっと読む »

ドイツ議会人権委、中国人権弾圧の公聴会開催 法輪功迫害は「21世紀で最も恐ろしい人権侵害」

2019年5月8日、ドイツ連邦議会の人権人道支援委員会は、中国における宗教的少数派への迫害に関する公聴会を開いた。公聴会には20人を超える連邦議会議員が出席し、さらにNGOの専門家、少数派グループの代表、学者らも参加した。…

もっと読む »

米政府、中国のハイクビジョンへの輸出規制を検討=米紙

[21日 ロイター] – 21日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ米政権が中国の監視カメラ大手杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)への禁輸措置を検討していると伝えた。 同紙によると、ハイクビジョンは、米商務省が安全保障上懸念のある外国企業を列挙したリストに加わる可能性があり、そうなれば米企業は政府の許可なしに同社に部品などを輸出できなくなる。 ホワイトハウスは同紙の…

もっと読む »

中国証券当局の前トップ・劉士余氏、腐敗疑惑で「自首」

中国共産党中央規律検査委員会は19日同ウェブサイト上で、中国証券監督管理委員会(証監会)の前主席である劉士余氏について、「規律違反および違法行為」の疑いで、調査を受けていると発表した。また、劉氏は「自首した後、調査に協力をしている」とした。…

もっと読む »

米国土安保省、中国製ドローンによる企業データへのリスクを警告

[ワシントン 20日 ロイター] – 米国土安全保障省は米企業に対し、中国製ドローンによる企業データへのリスクについて警告した。同省が出した通知をロイターが20日に確認した。 国土安保省は「中国製無人航空機システム」と題した通知で、米政府は「情報機関に無制限のデータアクセスやアクセス権の乱用を認める権威主義国家に米国のデータを持ち込む全ての技術製品に強い懸念」を抱いていると警告している。…

もっと読む »

ファーウェイ、トランプ政権から中国国外での死亡宣告

ファーwwwウェーイwww(死亡)— 甘音ユカさんと他114514人 (@Yuka_amane26) 2019年5月20日5/18ファーウェイ「アメリカが半導体売ってくれへんのやったらそれでええわ。ZTEみたいに米の前に膝はつかんで。半導体の独自開発の準備はできとるんや。多少は影響あるやろけど負けへ…

もっと読む »

米、ファーウェイを完全排除へ 「中国の5Gにとって悪夢だ」

トランプ米大統領は15日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を完全に米市場から締め出す行政命令を署名した。行政命令は、情報・通信ネットワークやその技術、関連サービスに対する「敵対的な外国勢力の脅威」は国家緊急事態だと宣告した。同行政命令は、米企業が国家安全保障にリスクをもたらす外国企業の通信製品を購入するのを禁じる。大統領は署名した後、商務省と他の関連政府機関に対して、150日以内に執行計画をまとめるようよう命じた。  …

もっと読む »

中国、欧州企業への技術移転強要が増加=EU商業会議所

[北京 20日 ロイター] – 在中国の欧州連合(EU)商業会議所は20日、欧州企業が中国で技術移転を強要されるケースが増えているとの報告書をまとめた。 中国政府は技術の強制移転はないと主張しているが、同会議所は中国の規制環境の見通しは「厳しい」と指摘している。 同会議所が会員企業を対象に実施した年次調査によると、会員企業の20%が市場アクセスの見返りとして技術移転を強要されたと回答。2年前の10…

もっと読む »

米駆逐艦、南シナ海で「航行の自由」作戦実施 中国反発へ

[ワシントン 19日 ロイター] – 米軍は、中国が権利を主張する南シナ海のスカボロー礁周辺で19日に「航行の自由」作戦を実施したことを明らかにした。通商政策や台湾を巡る問題などでも米中間の緊張が高まる中、中国の反発が予想される。 米軍報道官はロイターに対し「駆逐艦プレブルがスカボロー礁の12カイリ内を航行した」ことを明らかにし、「過剰な海上権利の主張に反対し、国際法に基づく航路へのアクセスを守…

もっと読む »

ワシントンDC地下鉄狙う中国中車「スパイ列車」と米警戒

米国下院の輸送・インフラ委員会は5月中旬、公聴会を開いた。鉄道車両メーカ世界最大手の中国国有・中国中車(CRRC)による米公共機関の入札例が続いている。中国中車の製造車両は、米国民へ向けた監視カメラや、中国からワシントンの地下情報のアクセスを許すことになるリスクがあり、参加者からは、米国の安全保障問題に繋がりかねないと危機感をあらわにした。…

もっと読む »

駐中国米大使が今週チベット訪問、2015年以来

[北京 20日 ロイター] – 米国のブランスタッド駐中国大使が今週、チベット地域を訪問している。米大使館報道官が明らかにしたもので、米中間で貿易を巡る緊張が高まる中、米大使による訪問は2015年以来となった。 大使は19─25日に青海省と、隣接するチベットを訪問。公的な会談のほか、宗教・文化遺産の視察も予定されているという。 米国では昨年12月、チベットへの外国人立ち入り制限に関与したと判断…

もっと読む »

中国リスク警告へ米情報当局と財界・学界の会議、上院議員が招集

[19日 ロイター] – 米上院情報特別委員会のマーク・ワーナー副委員長(民主党)は19日、中国との関係について注意を喚起するため、情報当局者と財界・学界関係者の会議を招集していることを明らかにした。 ワーナー氏は声明で「彼らが脅威の全容を確実に把握し、中国とのパートナーシップに関して異なる決定を下すことを望む」と語った。 中国は米国の安全保障を損ねていると批判し、中国が米国に対して用いている戦術…

もっと読む »

対中関税で企業は中国から移転、五分五分の合意ない=トランプ氏

[ワシントン 19日 ロイター] – トランプ米大統領は、対中関税の引き上げで企業が生産拠点を中国からベトナムなど他のアジア諸国に移していると指摘し、中国との合意は「五分五分」の合意にはなり得ないと発言した。 19日夜放映されたフォックス・ニュース・チャンネルとのインタビューで述べた。 トランプ氏は「(米中は)非常に強力な合意を結び、良い合意が成立したが、(中国側が)それを変更した。私は、…

もっと読む »

米、対イラン制裁違反に対応 中国荷降ろし報道で国務省

[ワシントン 17日 ロイター] – 米国務省の報道官は17日、米国は制裁に対するあらゆる違反行為を真剣に受け止め、必要に応じて措置を講じると述べた。 ロイターは16日、米国の対イラン制裁に違反してイラン産燃料油を積んでいたタンカーから、中国の舟山近くの貯蔵タンクに荷降ろしが行われたと報道[nL4N22S1E8]。これに対し、報道官が電子メールで回答した。「米国は制裁措置、特にイランの石油および…

もっと読む »

焦点:対米制裁合戦で守勢の中国、枯渇する「反撃の手立て」

[北京 15日 ロイター] – 米国と中国の通商問題を巡る「制裁合戦」は、不均衡是正を目指すトランプ米政権の攻勢を受けた中国が守勢に立たされ、自国の利益を損なわずに反撃する手立てが枯渇しつつある。 中国は13日に追加関税率引き上げの対象となる米国からの輸入品600億ドル分のリストを公表したが、対象項目は米国が10日に発表した中国からの2000億ドル分の輸入品に比べて大幅に少なかった。 米国は…

もっと読む »