Setsubun — Atrayendo la buena fortuna

El Setsubun es una festividad japonesa que se celebra cada 3 o 4 de febrero, para despedirse del invierno y dar la bienvenida al primer dia de primavera de acuerdo con el calendario lunar. De hecho, la palabra Setsubun (節分), significa división estacional. Antiguamente, el Setsubun era celebrado cuatro veces al año -con el cambio de cada estación-. Actualmente, sin embargo, se celebra solo con el cambio de invierno a primavera. Una oportunidad para ahuyentar a los demonios Se dice que con el cambio de invierno a primavera, Continuar leyendo

La entrada Setsubun — Atrayendo la buena fortuna se publicó primero en Viajando por Japón.

もっと読む »

Wazawai — El kanji del año en Japón

El pasado 12 de diciembre, como es tradición, se anunció el kanji -ideograma japonés- del año. Para el 2018 el kanji ganador ha sido el de 災. Éste puede leerse como wazawai o sai, y significa «desastre» en japonés. Desde 1995, los ciudadanos japoneses tienen la oportunidad de votar el kanji del año. La elección del kanji no es arbitraria, sino que siempre es representativo de los acontecimientos más importantes que han tenido lugar en el archipiélago japonés durante el año. Como es habitual, el anuncio del kanji ganador Continuar leyendo

La entrada Wazawai — El kanji del año en Japón se publicó primero en Viajando por Japón.

もっと読む »

『キャプテン滝』! フランス版『キャプテン翼』の主役は滝で著作権は小学館? 芸術の国フランスの謎!

ワールドカップが盛り上がると同時に、「レバンドフスキも翼君のファンだった」など、『キャプテン翼』にまたも注目が集まっています。以前、イタリア版を中心に前々回紹介しました(記事はこちら)。今回はヨーロッパ版の中でも驚きの、フランス版を紹介しましょう。スポンサードリンクこちら、私所蔵のフランス版DVD-BOXです。タイトルは『Olive & Tom』となっていますが、下に『Captain Tsubasa』とも書かれています。日本語もフランス語も入っており、ボックス一つにDVD6枚..

もっと読む »

日本人の知らないところでルパンは盗んでいた! イタリア製『ルパン三世』

ルパン三世と言えば、日本が誇る大泥棒です。私もアニメはパイロットフィルムを含めすべて見ていますし、原作マンガもかなり読んでいると思います。これを読まれている人の中には、きっと私と同じくらいか、私よりルパンが大好きだという人もいらっしゃるかと思います。しかし、ご存知でしょうか? 日本人の知らないところでルパンファミリーが大活躍していたことを!というわけで、今回ご紹介するのはイタリア製『ルパン三世』です。注意してください。イタリア版ではありません。イタリア製です。そう、イタリアで..

もっと読む »

【ドラゴンボール】 7ヶ国語で鼻くその秘密をそっと話くそうじゃないか

鼻くその秘密をそっと話すヤムチャダジャレというのは、言うまでもなく訳しづらいものです。洋画を見ていると、英語ではダジャレなのに字幕ではダジャレになってなかったり、ダジャレになってても不自然だったり、時には素晴らしく上手にダジャレで訳してあったりと様々です。今回は、日本のダジャレが各国でどう訳されているか検証してみましょう。テキストは『ドラゴンボール』第2巻。↑『ドラゴンボール』第2巻検証するのはこのシーン。ハナクソの秘密を そっと話くそう!!このシーンが各国でどうなっているの..

もっと読む »

【ヒカルの碁】 北米では中学生の喫煙は禁止です! (注:日本もです)

アメリカタバコ事情日本では銃は簡単に手に入らず、銃犯罪による年間の死者数は、年間10人以下です。(2014年は6人、2015年は1人)一方、アメリカでは年間3万人以上、日本の数千倍です。日本では平気で少年マンガでも銃が登場しますが、アメリカでは深刻な分、けっこうセンシティブです。最近さらにアメリカ人が敏感なのが、タバコの描写です。とある調査によると、アメリカの未成年の喫煙の多くが、映画に影響されたと言います。日本のマンガでは、特に昔は未成年でもしょっちゅう喫煙していましたが、..

もっと読む »

【らんま1/2】 中国人の「~アル」は英語ではこうなるアル!

『らんま1/2』はアメリカで大人気ネ80~90年代の大ヒット作、『らんま1/2』。北米では『NARUTO』の登場まで、最も単行本が売れた漫画だったと言われています。シャンプーのしゃべり方がかわいいアルハーレムもののごとく主人公の周りに集まる美少女たちなかでも、メインヒロインのあかねに次いで、中国娘シャンプーの人気はたいしたものでした。↑大人気ヒロインシャンプーさんそのシャンプーの魅力の一つは、「~アル」「~ね」「~するよろし」「あいやー」など、典型的な中国娘的話し方。↑シャン..

もっと読む »

タイには日本人が知らないタヌキ型ロボットがいた! タイのニセ『ドラえもん』

パチモンドラえもん登場!・タイのアニメ雑誌?世界には「パチモン」(にせもの)が多いです。アジアを旅行して、明らかに著作権をとっていないだろう日本の作品のおもちゃなどをお目にかけたことのある人も多いことでしょう。しかし、単なる海賊版ならいくらでもありますが、「なんじゃこりゃ!」となって笑えてくるほどのパチモンは少ないです。今回はそんな数少ない「すごいパチモン」を紹介したいと思います。こちらタイの雑誌。内容を見ると、アニメの特集記事やおもちゃの特集(この号は『ときめきメモリアル』..

もっと読む »

【韓国】金田一一はキム・ジョンイルだった!? ハラボジの名に懸けて!

マンガが翻訳される際、キャラクターの名前が現地名に変更されることは少なくありません。例えば『名探偵コナン』はアメリカではこうなりました。日本でも、明治期に『シンデレラ』が輸入されたときには『おしん物語』というタイトルになっていました。しかも、その『おしん物語』では、魔法使いじゃなくて弁天が登場し、ガラスの靴じゃなくて扇を忘れるんですよ。いや、マジで。スポンサーリンクしかし、最近では日本のマンガ、アニメに対する理解も進み、日本名のままことが増えています。お隣韓国でも、地上波放送..

もっと読む »
PAGE TOP