蔡英文氏が大勝 中国の台湾政策に変化もたらすのか

Pocket

1月11日に行われた台湾総統選で勝利した与党・民進党の蔡英文総統(右)と副総統に選出された賴清徳氏(中)(大紀元)
1月11日に行われた台湾総統選では、与党・民進党の蔡英文総統(63)は、817万票と過去最多得票で再選を果たした。対中融和路線の最大野党・国民党の韓国瑜・高雄市長(62)の552万票の得票を大幅に上回り圧勝した。専門家は、中国当局が今後台湾政策を変更するかに注目する。