香港の逃亡犯条例改正案、行政長官顧問「審議継続は困難」

[香港 14日 ロイター] – 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡って、香港政府トップの林鄭月娥行政長官の主要な顧問の1人で行政会議メンバーの陳智思氏は14日、反対の強さを踏まえると、改正案の審議を続けるべきだとは思わないと述べた。ケーブルTVでコメントした。 香港では今週、若者らを中心に改正案に反対するデモが激化。デモの主催団体は、週末も抗議活動の実施を呼びかけている…

もっと読む »

米上院議員、香港の自治権検証を義務付ける法案を提出

[ワシントン 13日 ロイター] – 米上院の超党派議員は13日、香港で「逃亡犯条例」改正案を巡る大規模なデモが起きたことを受けて、国務省に香港の自治権の検証を義務付ける法案を提出した。 米国は1992年制定の米国・香港政策法に基づき、香港に優遇措置を適用しているが、法案が成立すれば、優遇措置の継続が妥当かどうかを判断するため、国務省が香港の自治権の状況を毎年検証することになる。 法案を提出…

もっと読む »

中華資本がお金出し渋りのジャパンディスプレイ、出資期限を過ぎてもおあずけプレイ

ジャパンディスプレイ白山工場が稼働停止と一部で話題ですが、同工場が一番輝いていたころの様子をご覧ください。 pic.twitter.com/Ows4H1N9hm— レッドさん (@red_sun_shine) 2019年6月13日
あのころの君は本当に輝かしく、眩しかった…(物理的に)— レッドさん (@red_su…

もっと読む »

香港条例改正案、米著名投資家「可決なら香港金融市場崩壊」

米著名ヘッジファンドマネジャーで、ヘイマン・キャピタル・マネジメント創業者のカイル・バス(Kyle Bass)氏は13日、香港政府が進めている「逃亡犯条例」改正案が可決されれば、ニューヨーク・ロンドンに並ぶ世界経済金融センターとしての香港の国際的地位が損なわれ、英国の欧州連合(EU)離脱以上の悪影響が出ると警告した。…

もっと読む »

欧州への犯罪資金の多くはロシア・中国から=ユーロポール

[ハーグ 13日 ロイター] – 欧州警察機関(ユーロポール)は13日、欧州に流れる犯罪資金の出所の多くはロシアや中国で、バルト3国がマネーロンダリング(資金洗浄)の場として使われることが多いとの見方を示した。 ユーロポールでマネーロンダリング取り締まりを担当するペドロ・フェリシオ氏は、ソビエト連邦の支配下にあった歴史を持つラトビア、リトアニア、エストニアのバルト3国の一部の金融機関が…

もっと読む »

安倍首相のイラン訪問は大きな前進、イランも高く評価=菅官房長官

[東京 14日 ロイター] – 菅義偉官房長官は14日閣議後の会見で、安倍晋三首相のイラン訪問について、イラン側も高く評価しているとの認識を示した。同国のロウハニ大統領から戦争は望まないとの明確な発言、最高指導者ハメネイ師からは平和への信念、核兵器を製造も所有もしないとの発言があったことは、中東地域の平和と安定確保に向けて大きな前進だと述べた。 トランプ米大統領が安倍首相のイラン訪問に感謝を示す…

もっと読む »

香港条例改正案、中国当局「80万人支持」 ねつ造か

香港では9日と12日、犯罪容疑者を中国本土に移送できるようにする「逃亡犯条例」改正案の撤廃を求める大規模な抗議デモが発生した。香港の一部の親中メディアや中国当局が、数十万人の香港市民が改正案を支持するとの嘘の報道を行った。ソーシャルメディアの投稿では、中国当局が「支持者数」をねつ造していると明らかにした。…

もっと読む »

香港条例改正案、中国当局「80万人支持」 ねつ造か

香港では9日と12日、犯罪容疑者を中国本土に移送できるようにする「逃亡犯条例」改正案の撤廃を求める大規模な抗議デモが発生した。香港の一部の親中メディアや中国当局が、数十万人の香港市民が改正案を支持するとの嘘の報道を行った。ソーシャルメディアの投稿では、中国当局が「支持者数」をねつ造していると明らかにした。…

もっと読む »

米中首脳会談、G20に合わせて実施の公算=米政府報道官

[ワシントン 13日 ロイター] – 米ホワイトハウス報道官は13日、トランプ大統領が今月末に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する際に中国の習近平国家主席と会談する見通しを示した。ただ会談の日程はまだ確定されていないとした。 ギドリー報道官はフォックス・ニュース・チャンネルに対し「(米中首脳会談)実施の方向に動いているもようだ」と述べた。 トランプ氏は通商問題について協議…

もっと読む »

テスラやGM、中国製部品の関税免除を米政府が却下

[ワシントン 13日 ロイター] – トランプ米政権が、テスラやゼネラル・モーターズ(GM)、日産自動車などが求めていた中国製部品への関税免除を却下し、中国技術の利用を阻止する取り組みを拡大させていることが分かった。 米政府は昨年、中国からの輸入品500億ドル相当に25%の関税を適用したが、米通商代表部(USTR)は企業に適用除外の申請を認めた。 政府の…

もっと読む »