EV」の検索結果

Reiwa — La Nueva Era en Japón

Esta mañana, coincidiendo con el primer día del año fiscal en Japón, se ha dado a conocer el nombre de la nueva era que empezará el 1 de mayo, tras la abdicación del actual emperador japonés, Akihito, el próximo 30 de abril. Se dará fin, pues, a la era actual Heisei (平成), que empezó el 8 de enero de 1989.    Esta nueva era se llamará ‘Reiwa’ (令和) y es una palabra compuesta por los caracteres 令 (orden) y 和 (harmonía).  Reiwa, el comienzo de una nueva era

La entrada Reiwa — La Nueva Era en Japón se publicó primero en Viajando por Japón.

もっと読む »

新疆政策トップに改革派の汪洋氏 国際批判交わす狙いか

中国最高指導部の1人、汪洋・中国共産党中央政治局常務委員はこのほど、新疆ウイグル自治区の政策を所管する「中央新疆工作協調小組」のトップとして関連会議に臨んだことが報じられた。中国当局は、党内改革派と知られる汪洋氏の動きを伝えることで、ウイグル人への弾圧に関する国際世論の批判を払しょくする狙いがあるとみられる。…

もっと読む »

河野外相が韓国大使呼び抗議 元徴用工訴訟で是正措置求める

[東京/ソウル 19日 ロイター] – 河野太郎外相は19日、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼び、いわゆる元徴用工訴訟の問題で韓国が国際法違反の状態を放置せず直ちに是正の措置を取るよう求めた。日本企業に賠償を求めた最高裁判決を巡り、韓国政府が仲裁手続きに応じなかったことについて「非常に残念だ」と抗議した。 また韓国産業通商資源省は、日本による韓国向けの輸出規制強化に関する再協議を…

もっと読む »

韓国は日韓請求権協定に違反、必要な措置を講じる=河野外相談話

[東京 19日 ロイター] – 河野太郎外務相は19日、談話を発表し、韓国が日韓請求権協定に違反しているとして「韓国側によって引き起こされた厳しい日韓関係の現状に鑑み、必要な措置を講じていく考え」を表明した。 河野外相は昨年、韓国大法院判決が日本企業に対して損害賠償の支払いなどを命じたことは日韓請求権協定に反しており、「極めて遺憾であり、断じて受け入れることはできない」と指摘。さらに、同協定に基…

もっと読む »

イラン、査察に関する文書の批准を提案と英紙報道 米は懐疑的

[ワシントン 18日 ロイター] – イランは18日、米国がイランへの経済制裁を解除することを条件に、核開発に関して一段と踏み込んだ査察を可能にする文書の批准を提案した。英紙ガーディアンが報じた。ただ、米国側はその意義について懐疑的な見方を示している。 イランの提案は「追加議定書」の早期批准に関するもので、国連査察団はイランの核関連活動が平和利用目的であることを検証するさらなる手段を得ることになる…

もっと読む »

京アニ放火殺人事件、津山30人殺しを超える最悪の大量殺人事件に

一人の狂人によって日本のアニメ産業の一部が失われてしまった感じがするな。— hit (@hit_fx) 2019年7月18日
日本有数のアニメスタジオにガソリン撒いて火を放つ、ってもはや日本の文化資産に対する破壊行為だからな。寺襲って仏像焼いたり、教会襲って聖像破壊したみたいな…

もっと読む »

SBI証券、PTS市場の決済バグで存在しない株がまだ存在する不具合(不正な状態のお客様は勝手に再売却しないでとお願い)

SBIのPTSの決済の不具合報告あちこちで起きてるこれSBIやらかしちゃっただろ— 武者修行中 (@murasy1222) 2019年7月16日
SBI証券でPTS売買した内容が反映されないバグ?? pic.twitter.com/Y4oMJkQU6h— 横濱暴威 (@hamaboy2019) 2019年7月16日
金曜日の夜間のPTSの処…

もっと読む »

トランプ氏「米国で幸せになれないなら出ていけば」移民系女性議員の口撃に反応

イルハン・オマル米下院議員はこのほど、トランプ大統領の支持者は、彼同様に「レイシスト」だと主張する意見を広げている。大統領は直接ではないが、彼女の反米的な意見と社会主義思想の連続に反論する形で「我々は決して社会主義や共産主義の国にならない」「米国で幸せになれないなら出ていける。あなたの決断次第だ」と書いた。…

もっと読む »