首相、改造内閣は「安定と挑戦」 憲法改正・社会保障改革を推進

9月11日、安倍晋三首相は内閣改造・自民党役員人事に伴い、記者会見した。首相官邸で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato) [東京 11日 ロイター] - 安倍晋三首相は11日、内閣改造・自民党役員人事に伴い、記者会見した。改造内閣を「安定と挑戦の内閣」と位置づけ、憲法改正論議を推進するとともに、社会保障改革の検討会議を来週にも始動させる方針を示した。消費税率引き上げや海外発の景気下振れリスクの顕在化で景気が冷え込まないよう、経済運営に万全を尽くすと述べた。 <憲法改正、「国民は中身に関心」> 安倍首相は会見で、