焦点:側近重用の党・改造人事、改憲・解散・都知事選で異論も

9月11日、自民党役員人事と内閣改造は、安倍晋三首相が側近を重用し憲法改正に向けた強い意気込みをアピールした格好となった。写真は続投する二階俊博幹事長。都内で2014年9月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino) 竹本能文 [東京 11日 ロイター] - 11日に公表された自民党役員人事と内閣改造は、安倍晋三首相が側近を重用し憲法改正に向けた強い意気込みをアピールした格好となった。これを踏まえ、与党内では早期の衆院解散や首相4選も取り沙汰される。もっとも党内で交代論もあった二階俊博幹事長の続投は東京都知事選への対応などで党内にしこりを残す可能性があるほか、憲法改正や早期解散を巡っては、党幹部の間でも温度差