英航空BA操縦士が初のスト、数千人の足に影響

9月9日、英ブリティッシュ・エアウエイズ(BA)の操縦士で構成する労組、英国航空操縦士協会(BALPA)が9日、賃上げ交渉の行き詰まりから48時間ストライキを開始した。写真は1月にロンドンのヒースロー空港で撮影(2019年 ロイター/Henry Nicholls) [ロンドン 9日 ロイター] - 英ブリティッシュ・エアウエイズ(BA)の操縦士で構成する労組、英国航空操縦士協会(BALPA)が9日、賃上げ交渉の行き詰まりから48時間ストライキを開始した。 同社のパイロットによるストは初めて。これにより大半のフライトが欠航し、旅客数千人に影響が出ている。 BALPAは先月、9月に合計3日のストライキを実施すると通告していた。9日、10日に続き、27日にもストが