香港の雨傘運動元リーダー、訪中の独メルケル首相に警戒呼び掛け

9月3日、香港の抗議活動で積極的な役割を果たしている黄之鋒氏らが、中国訪問を控えたドイツのメルケル首相に、警戒感を持って会談に臨むよう呼び掛けた。写真は香港警察に拘束された後、釈放された黄氏(中央)と周庭氏(右)。8月30日、香港で撮影(2019年 ロイター/Anushree Fadnavis) [ベルリン 3日 ロイター] - 2014年の香港「雨傘運動」でリーダーを務め、現在の逃亡犯条例改正を巡る抗議活動でも積極的な役割を果たしている黄之鋒氏らが、中国訪問を控えたドイツのメルケル首相に、警戒感を持って会談に臨むよう呼び掛けた。 黄氏らがメルケル首相に宛てた書簡を、4日付の独紙ビルトが公開した。 黄氏は書簡で「あなたは東ドイツで育ちました。独裁体制の恐怖をじかに経験しています。私たちは