米、対中追加関税の適用一部延期 携帯電話など=USTR

米通商代表部(USTR)は13日、来月発動させる予定の中国製品に対する10%の追加関税措置について、ラップトップコンピューターや携帯電話端末などを含む一部製品への発動を延期すると発表した。 上海で7月撮影(2019年 ロイター/Aly Song) [ワシントン/香港 13日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は13日、来月発動させる予定の中国製品に対する10%の追加関税措置について、ラップトップコンピューターや携帯電話端末などを含む一部製品への発動を延期すると発表した。 USTRは声明で、「コンピューター、ビデオゲーム端末、一部の玩具、パソコンのモニター、一部の履物と衣料品」などに対する関税措置の発動を12月15日まで延期すると表明