米、イラン外相の制裁対象指定は当面見送り=関係筋

7月11日、米政府はイランのザリフ外相〔写真)を当面は制裁対象に指定しないことを決定した。米政府が外交的な交渉の可能性を排除していない可能性を示している。写真は昨年11月にジュネーブで代表撮影(2019年 ロイター) [ワシントン 11日 ロイター] - 米政府はイランのザリフ外相を当面は制裁対象に指定しないことを決定した。事情に詳しい2人の関係筋が11日、明らかにした。米政府が外交的な交渉の可能性を排除していない可能性を示している。 ムニューシン米財務長官は6月24日、ザリフ外相が近く制裁対象に指定されると述べていた。制裁対象になることが予め分かれば当該人物が米国内の資産を国外に移すことが予想されるため、通常