米ロ高官がヘルシンキで会談、ベネズエラ問題進展ないもよう

7月10日、米国務省はヘール国務次官(政治担当)とロシアのリャブコフ外務次官が10日、ヘルシンキで会談し米ロ関係について協議したと発表した。写真は米ロの国旗。ロシアのフセヴォロシュスクで3月撮影(2019年 ロイター/Anton Vaganov) [ワシントン 10日 ロイター] - 米国務省はヘール国務次官(政治担当)とロシアのリャブコフ外務次官が10日、ヘルシンキで会談し米ロ関係について協議したと発表した。 国務省のオルタガス報道官は「米国は多くのグローバルな課題についてロシアと歩み寄り、協力を促進しようとしているが、ロシアの消極的な行動がなお二国間関係の進展の障害となっていると次官は強調した」との声明を公表した。 欧州、中東、アジアに