パプア沖でM7.5の地震、津波の心配なし

[14日 ロイター] - 南太平洋のパプアニューギニア沖で14日夜、マグニチュード(M)7.5の地震が発生した。これを受け一部地域に津波警報が発令されたが、その後解除された。 米地質調査所(USGS)によると、震源は東ニューブリテン州ラバウルの東約50キロ。震源の深さは10キロと推定されている。 地元当局によると、津波は観測されず、地震による死傷者も出ていない。詳しい被害状況などは不明。 ある