米委員会、「中国の大学との協力関係制限すべき」 宇宙技術窃盗の可能性

Pocket

5月12日、甘粛省の衛星発射センターから打ち上げられた、衛生打ち上げロケット「快舟1A」(GettyImages)
米中経済安全保障検討委員会(USCC)の委託を受けた最近の調査によると、中国政府が外国の学術交流から宇宙技術を盗むために、中国の大学との提携を利用していると指摘した。委員会はこれを受けて、政府は、国内大学などの学術機関と中国の大学との関連接触を包括的に制限することを検討すべきであると提言している。