検察庁法改正、必要かつ重要な法案=岡田官房副長官

Pocket

[東京 19日 ロイター] – 岡田直樹官房副長官は19日の内閣委員会で、政府・与党が今国会での成立を断念した検察官の定年を引き上げる検察庁改正案について「高齢者の知識と経験を活用するため必要かつ重要な法案」と述べ、継続審議とする姿勢を示した。杉尾秀哉委員(立憲・国民、新緑風会・社民)への答弁。 岡田氏は「改正部分にさまざまな意見があると承知している。国民の声に十分耳を傾け引き続き法務省で丁寧に