欧州でも「川崎病」類似疾患、新型コロナ併発の子ども2人死亡

Pocket

15日、欧州疾病予防管理センター(ECDC)は新型コロナウイルス感染症を併発し、川崎病に症状が似た「小児発症性多系統炎症症候群」を発症した子どもの数が域内で今年に入り230人に上り、うち2人が死亡したと明らかにした。写真はフランスで14日撮影(2020年 ロイター/Benoit Tessier)
[15日 ロイター] – 欧州疾病予防管理センター(ECDC)は15日、新型コロナウイルス感染症を併発し、川崎病に症状が似た「小児発症性多系統炎症症候群」を発症した子どもの数が域内で今年に入り230人に上り、うち2人が死亡したと明らかにした。 死亡したのはそれぞれ英国とフランスの子どもだという。 世界保健機関(WHO)はこの日、同疾患に注意するよう医師らに呼び掛けたものの、新型コロナとの因果関係は