拙速な活動再開、不必要な死につながる恐れーファウチ所長=米紙

Pocket

5月11日、ニューヨーク・タイムズ紙によると、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長(写真)は12日、国内経済活動の再開を急ぎすぎれば「不必要な苦しみや死」につながる恐れがあると上院で証言する。写真はワシントンで4月撮影(2020年 ロイター/Carlos Barria)
[11日 ロイター] – ニューヨーク・タイムズ紙によると、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は12日、国内経済活動の再開を急ぎすぎれば「不必要な苦しみや死」につながる恐れがあると上院で証言する。 所長は電子メールで「『米国を再開する』という指針のチェックポイントを無視すれば、国内で複数の流行が発生するリスクがある」と指摘。「これは不必要な苦しみと死につながるだけでなく、正常化に向けた努力