イースター後の「捨てウサギ」急増、加州が阻止作戦

4月18日、カリフォルニア州は、イースター休暇後に大量のウサギが捨てられたり安楽死させられたりするのを防止するための法律を全米の州で初めて可決した。写真はレビットさんが引き取ったウサギの1匹。NYで11日撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton) Barbara Goldberg [ニューヨーク 18日 ロイター] - 今年のイースター(キリスト教の復活祭)では、米カリフォルニア州の住民は好きなだけウサギの形をしたチョコレートを食べたり、アニメ「ピーター・コットンテール 幸せを運ぶウサギ」のぬいぐるみを抱きしめたりして過ごすことになりそうだ。 だが、イースターの贈り物として生きたウサギを購入したいと考えている人は、ペットショップでウサギを目