北朝鮮、米朝協議からポンペオ国務長官の排除要求

4月18日、北朝鮮は、核問題を巡る米国との協議でポンペオ国務長官(写真)の関与をもはや望んでおらず、「コミュニケーションをとる上でより慎重で成熟した」人物を望んでいる。平壌国際空港で昨年7月撮影(2019年 ロイター) [ソウル 18日 ロイター] - 北朝鮮は核問題を巡る米国との協議でポンペオ国務長官の関与をもはや望んでいないとし、「より慎重で成熟した人物」に交代させるよう求めた。国営朝鮮中央通信(KCNA)が18日、外務省高官の発言を伝えた。 外務省の米国担当局長Kwon Jong Gun氏は、北朝鮮に核開発を強いた根本原因を米国が取り除かなければ、朝鮮半島情勢は誰も予測できないと述べた。詳細には言及