日本からアフリカへ金融専門家を派遣 一帯一路「借金漬け」を把握=報道

中国資本の長距離鉄道が開通したケニア(TONY KARUMBAAFPGetty Images) 日本外務省の関係筋によれば、債務超過に陥っているアフリカ諸国に対して、金融専門家を派遣する方向を固めた。アフリカでは、中国政府主導の広範囲経済政策・一帯一路プロジェクトの「債務トラップ」で財政が脆弱になり、中国共産党の政治的影響力が拡大している。日本は、これに反発する現地社会から支持を得ることを狙う。