イラン人女性、SNSで法輪功迫害による孤児を支援 自転車の旅に参加

イラン出身の会社役員の女性は、法輪功の迫害による被害者で孤児となった子供たちを支援するために、自電車旅行に参加しているという(NTD) イラン出身で現在ドバイ在住の企業マーケティング担当役員ガザル・タバナイさんは、信仰の自由を伝える旅『Ride to Freedom』キャンペーンに参加しています。を人が好きで、難しい問題に挑戦し、解決していくことに喜びを感じているとのこと。信念を持ち行動する彼女に、新唐人テレビはこのほどインタビューしました。