中華まん、由来は「ニセの生首」諸葛孔明のアイデア

饅頭(マントウ)(新唐人) 中国の蒸しパン「饅頭(マントウ)」は、小麦粉を練ったものを主食とする本土地域で主に食べられています。日本では、中華まん、肉まんと呼ばれ、コンビニエンスストアでも売られるお馴染みのメニューです。中国で主食として食べられている饅頭は、中に何も入っていません。