情報当局がトランプ陣営に「スパイ行為」 米司法長官発言に批判

4月10日、バー米司法長官(写真)は開かれた議会の公聴会で、米情報当局がトランプ大統領の2016年大統領選での活動について違法な「スパイ行為」を働かなかったかどうかについて調査する考えを示した。写真はワシントンで撮影(2019年 ロイター/Erin Scott) [ワシントン 10日 ロイター] - バー米司法長官は10日に開かれた議会の公聴会で、米情報当局がトランプ大統領の2016年大統領選での活動について違法な「スパイ行為」を働かなかったかどうかについて調査する考えを示した。野党・民主党の議員らはこの発言は陰謀説を流布していると批判した。 米大統領選へのロシア介入疑惑に関する連邦当局の捜査については、トランプ大統領や大統領に近い共和党の議員らもバー長官