北朝鮮に制裁科している勢力への深刻な打撃必要─金委員長=KCNA

4月11日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、同国に制裁を科している勢力に対して「深刻な打撃」を与えるべきだと語った。ハノイで先月1日撮影(2019年 ロイター/Manan Vatsyayana/Pool via REUTERS) [ソウル 11日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、同国に制裁を科している勢力に対して「深刻な打撃」を与えるべきだと語った。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が11日に伝えた。 KCNAによると、金委員長は2月末に行われた2度目の米朝首脳会談における北朝鮮の立場に言及し、制裁によりわれわれを倒そうという誤った決断をしている敵対的勢力に対して、深刻な打撃を与える