米当局、華為技術にさらなる規制か バックドア報道も

米当局、華為技術にさらなる規制を設ける可能性がある。写真は1月30日、英国にあるファーウェイのロンドン支社ロゴ(GettyImages) 米国国防省は、中国通信大手・ファーウェイ(華為技術)に対する米国の新しい規制を支持し、華為機器の輸入緩和の決定を変更する可能性がある。ロイター通信が2月13日、情報セキュリティに詳しい情報筋の話として伝えた。10日には、 米国家安全保障問題担当大統領補佐官が、ファーウェイの機器には「バックドアが仕掛けているとの証拠がある」とメディアの取材に明かしている。