武漢から希望者全員を帰国させる方針、新型肺炎で=安倍首相

1月26日、安倍晋三首相は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、中国・湖北省武漢市に滞在する邦人について、希望者を全員帰国させる方針を示した。羽田空港で20日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon) [東京 26日 ロイター] - 安倍晋三首相は26日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、中国・湖北省武漢市に滞在する邦人について、チャーター便など「あらゆる手段を使って」希望者を全員帰国させる方針を示した。 外務省は24日、湖北省全域の危険度をレベル3(渡航中止勧告)に引き上げている。