米財務省、中国の「為替操作国」認定を解除 通商合意の署名控え

1月13日、米財務省は、貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を公表し、中国の「為替操作国」認定を解除したと明らかにした。写真は北京で2019年2月、代表撮影(2020年 ロイター/Mark Schiefelbein) [ワシントン 13日 ロイター] - 米財務省は13日、貿易相手国・地域の通貨政策を分析した外国為替報告書を公表し、中国の「為替操作国」認定を解除したと明らかにした。 報告書は公表が遅れていたが、米中両政府による「第1段階」の通商合意署名を15日に控える中、発表された。 財務省は昨年8月、中国が輸出面で不当に優位な競争環境を作り出しているとして1994年以来初めて為替操作国に認定していた。 財務省