お気に入りのお皿も一緒!里親に引き取られた犬のオリバー

(L: Photo courtesy of Memphis Animal Services, R: Photo courtesy of oliverandhisbowl) イギリスの小説家チャールズ・ディケンズをご存知だろうか? 彼の小説の中に登場する貧しい少年、オリバー・ツイストがロンドンの劣悪な通りを歩くシーンがある。少年たちは毎日、貧しい家からお椀いっぱいのポリッジを与えられている。しかし、彼らの空腹は満たされることがない。オリバーはご主人様に向かって「どうか、もう少しください。お願いします」と懇願する。