中国青島市法輪功学習者が死亡、背中に切開の痕 強制臓器摘出の疑い

法輪功学習者の何立芳さんは今年7月2日、迫害で死亡した(明慧網より) 中国山東省青島市に住む法輪功学習者、何立芳さん(享年45)は今年7月2日、当局の拷問を受けて亡くなった。家族によると、何さんの遺体の全身に殴打された後のあざや傷があり、胸が縫合され、背中にもメスで切られた痕がある。当局が何さんの臓器を強制的に摘出した可能性が高いとみられる。