「中共政権はもう道がないと自覚している」知中家の米教授

米ペンシルベニア州立大学教授で知中家のアーサー・ウォルドン氏は大紀元英語のインタビューに応じた(TheEpochTimes) 米国の中国史教授はこのほど、大紀元英字版の取材に対して、中国習近平主席の側近との会話内容を語った。彼らは、中国共産党内部では党政権の将来の展望がなく進路がないと認識しているという。