香港、警察側は実弾発射を警告 デモ隊との応酬続く

11月18日、反政府抗議デモが続く香港の警察は、「暴徒」が凶器の使用をやめなければ実弾を発射すると警告した。写真は香港理工大、18日撮影(2019年 ロイター/Adnan Abidi) [香港 18日 ロイター] - 反政府抗議デモが続く香港の警察は18日、「暴徒」が凶器の使用をやめなければ実弾を発射すると警告した。 これに先立ち、香港理工大前では、バリケードを築いて大学に立てこもったデモ隊が警官に向けて火炎瓶などを投げつけた。警官隊も放水銃などで応酬。警察によると、デモ隊が放った矢で警官1人が足に負傷した。 デモ隊は、警察の過剰な武力行使に対抗すると主張。九竜地区と香港島を結ぶ