ジュリアーニ氏、元大使に中傷工作=米国務次官補代理

11月7日、ジョージ・ケント米国務次官補代理がトランプ大統領の弾劾調査で、トランプ氏の顧問弁護士ジュリアーニ氏がマリー・ヨバノビッチ元駐ウクライナ大使の召還前に「虚偽だらけ」の中傷工作を行っていた、と証言したことが明らかになった。写真はニューヨークで9月24日に撮影(2019年 ロイター/Shannon Stapleton) [ワシントン 7日 ロイター] - ジョージ・ケント米国務次官補代理がトランプ大統領の弾劾調査で、トランプ氏の顧問弁護士ジュリアーニ氏がマリー・ヨバノビッチ元駐ウクライナ大使の召還前に「虚偽だらけ」の中傷工作を行っていた、と証言したことが明らかになった。 ケント氏が10月15日に行った非公開証言の記録が7日に公表された。 ヨバノビッチ氏は5月に突如、召還された。 ケント氏は、ジュリアーニ氏が