万引きの知らせを受け、駆けつけたところで見たものとは…?

セントオールバンズ警察は、2015年12月のある日、地元のスーパーでの万引きの知らせを受けました。これが後に、14か月の赤ちゃんを救い出すこととなり、父親代わりとなり赤ん坊のお世話をすることになるとは、この時、誰も考えていませんでした。…

もっと読む »

夫を無くした女性からの通報。警察官が見た彼女の家は…

ある日、警察に一本の電話がありました。電話はアリゾナ州の女性からで、夫が亡くなったとの通報でした。
日曜日の朝、通報した女性、ジェラルディーン・タボールは夫が自宅で亡くなっているのを発見し、グレンデール警察に通報しました。警察はすぐに現場に到着し、悲しむ女性を慰めている間に、警察官ジェフ・ターニーは、玄関の錠がおかしいことに気付きました。…

もっと読む »

アングル:混乱続く香港、中国はなぜ手出しできないのか

[香港 5日 ロイター] – 香港の民主化を求めるデモが長期化し、暴力的な様相が濃くなる一方なのに対し、中国政府は強硬手段による介入を辞さない姿勢を明確に打ち出している。このため、政治・経済面で香港の将来への不安が高まっている。 中国側が軍による介入に乗り出せば、「安定した国際金融センター」「世界から中国本土への投資の玄関口」といった香港の地位は深刻なダメージを受けかねない。中国本土ではどの都市も…

もっと読む »

東武鉄道、ソライエ葛飾小菅の車内広告をどんどん曖昧に

日本の電車広告・毛を剃れ ・結婚しろ・英語を喋れ ・転職しろ・借金をしろ ・7億円当てろ・酒を飲め東武線の電車広告・おおたかの森に行こう・スカイツリーに行こう・日光に行こう・東武公に行こう・東武のデパートはいいぞ・東武のホテルはいいぞ・ソライエに住もう— R…

もっと読む »