なぜ人は共産主義に騙され続けるのか

なぜ人は共産主義に騙され続けるのか。私が共産主義の失敗を予見したのは小学2年生のときである。担任の先生が産休に入り、自習の時間が多くあった。私は与えられた課題に黙々と取り組んでいたが、普通の小学2年生が自習を課せられて、黙って勉強するはずがない。周りの生徒はみんな大騒ぎだったので、隣のクラスの先生が注意に来た。結局、私を含めクラスの生徒全員が罰を受けることになった。…

もっと読む »

〈香港デモ〉ツイッター、中国当局の情報操作に関与のアカウント「20万個存在」 一部削除

米ソーシャルメディア大手のツイッターとフェイスブックは19日、香港の抗議デモをめぐって、中国当局が関与したアカウントを停止したと発表した。両社は、これらの不正アカウントには中国当局とのつながりがあるとの見方を示した。…

もっと読む »

米の地上発射型巡航ミサイル実験は遺憾─ロシア外務次官=タス通信

[モスクワ 20日 ロイター] – ロシア外務省のセルゲイ・リャブコフ次官は20日、米国が地上発射型の中距離巡航ミサイルの発射試験を行ったことについて、遺憾だとした上で、米国が長年にわたって中距離核戦力(INF)廃棄条約の離脱を準備していたことを示すものだと述べた。タス通信が伝えた。 米国防総省は19日、地上発射型の中距離巡航ミサイルの発射試験をカリフォルニア州サンニコラス島で18日に行い、500…

もっと読む »

愛しのピットブルと分かち合う ウェディング・パーティー

一人の女性が自分の結婚式のために自分のペットにウェディングドレスを買った。それだけでなく一緒にバージンロードを歩くことを計画したり、犬用のケーキまで用意している。記事では彼女の結婚式の計画をフェイスブックの実際の投稿と共に紹介し、彼女のペットへの想いについて述べている。…

もっと読む »

有名俳優が相次ぎ香港警察を支持表明 専門家「共産党の世論戦」

香港で行われている大規模な抗議活動は、来年上映予定のディズニー映画「ムーラン」実写版に波及している。ムーランを演じる米国籍中国生まれの女優、劉亦菲(リウ・イーウェイ、31)が15日、ネット上で香港警察を支持すると投稿したのがきっかけ。香港警察が抗議活動を行った市民らに過剰な実力行使をしたと批判されているため、一部のネットユーザーは、リウが出演する「ムーラン」にボイコットするよう呼び掛けている。専門家は、中国当局が有名人を通して、香港市民への圧力と世論操作を強化する狙いがあると指摘した。…

もっと読む »

仏ロ首脳が民主化巡り舌戦、プーチン氏は「黄色いベスト」批判

[ブレガンソン城塞(フランス) 19日 ロイター] – フランスのマクロン大統領とロシアのプーチン大統領は19日、首脳会談に先立つ共同記者会見で、9月のモスクワ市議会選挙に野党候補が出馬するのを当局が禁止して大規模な抗議活動が毎週、1カ月以上続いていることを巡り、舌戦を繰り広げた。 口火を切ったのはマクロン氏で「われわれはこの夏、抗議や言論、意見表明、選挙出馬の自由が欧州諸国と同じようにロシアでも…

もっと読む »

トランプ氏、印パ首脳と電話会談 カシミール巡る緊張緩和促す

[ニューデリー 19日 ロイター] – トランプ米大統領は19日、インドとパキスタン両国の首相とそれぞれ電話会談し、貿易関係改善に向けた見通しについて協議したほか、両首脳に対し、カシミール問題を巡る両国間の緊張を緩和する必要があると訴えた。 トランプ大統領は、ツイッターへの投稿で「2人の良き友人であるインドのモディ首相とパキスタンのカーン首相と会談した。貿易や戦略的パートナーシップについて、…

もっと読む »

香港の英領事館職員が中国で拘束と報道、英外務省は懸念表明

[北京/香港 20日 ロイター] – 英外務省は、香港の領事館職員が中国本土で拘束されたとの報道に懸念を示し、情報収集を行っていると明らかにした。 香港のニュースサイト「HK01」は、在香港英領事館の職員サイモン・チェン氏の交際相手の話として、チェン氏が8日に深センを訪問した後、9日に出勤しなかったと報じた。 在北京の英外務省報道官は電子メールで「職員が深センから香港に戻る際に拘束されたとの報道を…

もっと読む »

台湾、香港市民に人道支援を実施へ 移民申請が増加

香港では、容疑者の中国本土への移送を可能にする「逃亡犯条例」改正案の完全撤回を求める抗議活動が11週目に突入した。武力鎮圧をちらつかせている中国当局は19日、香港の抗議者に対して支援をすると表明した台湾政府を痛烈に批判した。台湾の蔡英文総統は前月、台湾政府に保護を求める香港市民に対して、個別に人道的な援助を提供すると表明した。…

もっと読む »

中国の臓器収奪問題、米政府が公式調査を=米政策提言組織

米国政府に政策を提言する専門家組織「現在の危機委員会:中国(Committee on the Present Danger: China)」の副委員長はこのほど、大紀元メディアグループ・新唐人テレビの取材に答えて、中国共産党政府による良心の囚人からの臓器強制摘出問題について、米政府が調査するよう提言する意向であることを明かした。…

もっと読む »

米副大統領、香港問題で中国に法の尊重要求 「通商合意に必要」

[ワシントン 19日 ロイター] – ペンス米副大統領は19日、中国に対し香港における法の純一性を尊重するよう要求した。また香港での抗議活動が暴力沙汰になった場合、中国と通商合意を結ぶことは一層困難になると改めて警告した。 副大統領は「米国が中国と取引(ディール)を結ぶには、中国政府が1984年の中英共同宣言に基づき、香港の法の純一性を尊重するといった約束を守る必要がある。トランプ政権は中国政府と…

もっと読む »

英王子、米富豪の児童買春疑惑への関与否定 「報道許し難い」

[ロンドン 19日 ロイター] – 児童買春の罪で起訴され、勾留中に自殺したとみられる米富豪のジェフリー・エプスタイン被告(66)の犯行にアンドルー英王子が関与していた疑惑が浮上したが、王子側は関与を全面否定した。 デイリー・メールなど複数の英メディアは、米ニューヨークにあるエプスタイン被告の邸宅から外出する女性に対し、アンドルー王子が玄関越しに手を振る写真を公開した。王子はエリザベス女王の次男。…

もっと読む »