ピンタレストの偏向性と検閲の告発公表した情報サイト、ユーチューブ動画削除やアカウント一時停止に

SNSの検閲や偏向性を監視する有志組織「プロジェクト・ベリタス」は、内部告発に基づく報告書で、画像共有SNSのピンタラスト(Pinterest)について、保守的なコンテンツに対する政治的偏見および検閲があると指摘した。その後、ツイッターとユーチューブは、同組織のアカウントを一時停止したり、ビデオを削除したりした。…

もっと読む »

ロンドン市長は「災厄」、トランプ氏が新たに批判

[ロンドン 15日 ロイター] – トランプ米大統領は15日、ロンドンで20時間以内に3人が殺害されたのを受け、カーン市長は「災厄」であり今後「悪くなるばかり」とあらためて批判した。 大統領は、右派のコメンテーター、カティー・ホプキンス氏がロンドンを「刺殺市(スタブ・シティ)」と述べたツイートを引用し、「これはカーン(市長)のロンドニスタンだ」と投稿した。ロンドニスタンは、イスラム過激派対策が成功…

もっと読む »

メイ英首相、G20に合わせてロシア大統領との会談を検討=タイムズ

[ロンドン 17日 ロイター] – 英国のメイ首相は、今月末の20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせてロシアのプーチン大統領との直接会談を行うことを検討している。次期政権が発足する前に対ロシア関係の改善を図る。英紙タイムズが伝えた。 英国は、2018年3月に同国で起きた元ロシアスパイ親子の毒殺未遂事件にロシアが関与したと主張。英国とロシアの関係は、冷戦以降で最も悪化した。 タイムズは、英ロ…

もっと読む »

条例改正案で揺れる香港情勢 富豪らが資産を海外移転

香港市民は16日、中国国内に犯罪容疑者を引き渡すのを可能にする「逃亡犯条例」改正案の完全撤回を求めて、9日続き大規模な抗議デモを行った。香港政府が依然として、改正案の審議を延期するものの、撤回しない姿勢を示している。情勢が不透明であるなかで、香港の富裕層が次々と資産を海外に移し出していることが報じられた。…

もっと読む »

米中対立の波紋 対中政経分離終幕へ、政府が安保優先に転換

[東京 17日 ロイター] – 日本企業のグローバルビジネスが、米中という二大覇権国の対立で、大きな別れ道に直面しつつある。「巨大市場」中国の需要取り込みを優先させてきた企業が、日米同盟の必要性によって、対中ビジネス縮小を迫られかねない事態となっている。背景には、政府・自民党の急速な方針の「転換」があり、従来の「政経分離」方針からの大きな方向転換に対し、経済界には戸惑いの声も漏れている。 <…

もっと読む »

香港の「雨傘運動」指導者が出所、行政長官に辞任求める

[香港 17日 ロイター] – 香港の民主派による2014年の大規模デモ「雨傘運動」の元学生団体指導者、黄之鋒氏が17日、釈放された。法廷侮辱罪で実刑判決を言い渡され、5週間収監されていた。 釈放後に同氏は、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に抗議するデモに加わる意向を示した。 「この悪法との戦いに参加する」と述べ、香港政府トップの林鄭月娥行政長官は辞任する時だと主張した。…

もっと読む »

米大統領、ロッキードにヘリコプター工場閉鎖計画の撤回求める

[14日 ロイター] – トランプ米大統領は14日、米防衛大手ロッキード・マーチンに対し、ヘリコプター部門シコルスキーのペンシルベニア州にある工場の閉鎖計画を撤回するよう求めた。 ロッキードは1週間前に同州コーツビルの工場を閉鎖すると発表。ヘリコプターなど回転翼航空機業界の長年の低迷を理由に挙げていた。同工場は「シコルスキーS‐92」と「S‐76D」の「仕上げ工程」を担っているという…

もっと読む »

米大統領、G20で習中国主席に香港の人権問題提起へ=国務長官

[ワシントン 16日 ロイター] – トランプ米大統領は、今月日本で行われる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で中国の習近平国家主席との会談が実現すれば、香港の人権問題を議題として提起する。ポンペオ国務長官が16日、明らかにした。 長官は、テレビ番組「フォックス・ニュース・サンデー」とのインタビューで、「確実に議題の一つになると思う」と述べた。…

もっと読む »

香港の政治危機2週目に、行政長官への辞任圧力高まる

[香港 17日 ロイター] – 香港の政治危機は17日、2週目に入った。林鄭月娥行政長官は週末、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の審議延期を発表したが、同長官と改正案の先行き不透明感は高まる一方だ。 主催者によると、16日には約200万人が長官辞任を求めるデモに参加。野党政治家らも、長官辞任と改正案の撤廃要求を強めている。 民主党のベテラン議員ジェームズ・トー氏は…

もっと読む »

香港の富裕実業家が海外に資産逃避、逃亡犯条例を懸念

Greg Torode [香港 14日 ロイター] – 銀行家や法律専門家によると、香港の富裕な実業家が中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案への懸念を強め、個人資産を海外に移す動きが始まっている。 こうした動きに関与した助言サービス関係者によると、ある大物実業家は法改正で政治的リスクが自らに及び得ると考え、1億ドル余りを香港のシティバンクの口座からシンガポールのシティバンクの…

もっと読む »

関西テレビとオリックスに風評被害、拳銃強奪事件で逮捕された関テレ役員の息子が逮捕連行時にバファローズの服着用

大阪府警の安まちメール、慌ててるのが伝わってくる。。いっときでも早く伝えたかったんだろうなぁ。。にしても、大麻寡婦警察本部。。 pic.twitter.com/RG69eZzSRf— maki_beauty (@maki_beauty) 2019年6月16日
吹田市内で発生した事件の犯人の身柄が確保されたことから、本…

もっと読む »

イラン大統領、一段の核合意履行停止を警告 タンカー事件は触れず

[ドゥシャンベ 15日 ロイター] – イランのロウハニ大統領は15日、2015年核合意の参加国が「前向きな姿勢」を示さない限りイランは義務履行をさらに停止すると警告した。 イランは、米国による一方的な核合意離脱とイラン原油の全面禁輸制裁に反発し、5月に核合意の履行を正式に一部停止した。 タジキスタンの首都ドゥシャンベで開かれたアジア相互協力信頼醸成会議(CICA)で演説したロウハニ氏は「イランが…

もっと読む »

米はイランとの戦争望まず、国際的な対応模索=米国務長官

[ワシントン 16日 ロイター] – ポンペオ米国務長官は16日、米国はイランとの戦争を望んでいないが、中東の石油輸送の要衝における航行の安全を確保するため外交を含めあらゆる手段を講じるとの考えを示した。 長官はFOXニュース・サンデーのインタビューで、ホルムズ海峡に近いオマーン湾で13日に起きたタンカー攻撃に関連し、「戦争はしたくない。抑止のためできることをやってきた」と述べ、「イラン…

もっと読む »

サウジ、石油タンカー攻撃でイランを非難

[ドバイ 15日 ロイター] – サウジアラビアは、オマーン湾で13日に石油タンカー2隻が攻撃を受けた事件について、責任はイランにあると非難、湾岸諸国の安定したエネルギー供給を確保するため、早急な対策が必要だとの認識を示した。 イランは攻撃への関与を否定している。 サウジのエネルギー産業鉱物資源省がツイッターで明らかにしたところによると、同国のファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は「(エネルギー供給…

もっと読む »

香港行政長官が逃亡犯条例巡り市民に謝罪、デモ隊は辞任要求

[香港 16日 ロイター] – 香港政府トップの林鄭月娥行政長官は16日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の取り扱いを巡って市民に謝罪した。一方、改正案の撤回と林鄭氏の辞任を求める大規模デモがこの日も実施された。 主催者によると、同日のデモ参加者は200万人近くに上った。林鄭氏は前日に、改正案の審議延期を表明したが、撤回はしなかった。同氏は16日、謝罪の意を表明しながらも…

もっと読む »

石油タンカー攻撃、イランの関与は「ほぼ確実」=英外相

[ロンドン 16日 ロイター] – 英国のハント外相は16日、原油輸送の要衝であるホルムズ海峡に近いオマーン沖で石油タンカー2隻が攻撃を受けた問題について、イランが関与したことは「ほぼ確実だ」との見解を示した。 イラン学生通信(ISNA)は15日、攻撃はイランの責任だとの見方を英国が示したことを受けて、駐テヘランの英大使をイラン政府が呼び出したと伝えた。 ハント氏はBBCの番組で「われわれは独自の…

もっと読む »

<香港デモ>「完全撤回」求め再びデモ 参加者200万人と主催者発表

香港で拘束された犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案をめぐって、民主派団体は16日、再びデモを開催した。主催者の民間人権陣線は参加者数を約200万人と発表し、先週末の103万人を大幅上回った。警察側はピーク時33.8万人と発表。…

もっと読む »