東京の転換点:日本の首都はついに開かれるのか

日本が移民を受け入れ、その首都がオリンピックの開催準備を進める2019年は、世界最大のメガロポリスが真のグローバル都市になる年かもしれないRead this article in English暖かい5月の夜、東京・歌舞伎町にある思い出横丁の狭い路地では、背もたれのない椅子に腰かけた旅行者たちが、英語で書かれた焼き鳥のメニューを熱心に眺めている。また、ある者たちは、燃えるようなド派手な「ロボットレストラン」へと押し寄せ、ネオンの光輝く洞窟のようなホールでアニマトロニックなキャラクターたちのダンスを楽…

もっと読む »

子どもに生きがい、親にできることは?

より大きな目標を持った子どもはより幸せで、大きな希望を持つ傾向にある、と言われている。アメリカで2000人の大学卒業生を対象に行われた世論調査によると、80%が仕事をする上で目標を持つことは非常に重要だと信じ、さらに、その半数が目標を持つことで実際に成功している。…

もっと読む »

インパクト(旧メディアフラッグ)の福井康夫社長、インドコンビニ事業で株主にご支援をお願いしつつ自分は40万株を売り抜けるナイストレード

社長の売りのインパクト食らってるやつwwww— かつてもちベーコンだったもの (@qxqxqxaquas) 2019年6月10日
インパクト社長インドコンビニツイートで売り抜け pic.twitter.com/aUKsCbTovw— うしっクマ (@bullbear48) 2019年6月10日
   ↓引用【変更報告】インパクトHLD[…

もっと読む »

一部の中国製品、「ベトナム製」として対米輸出 取り締まりへ

[ハノイ 10日 ロイター] – ベトナム税関は、米政府の対中制裁関税を避けるため、一部の中国製品が「ベトナム製」として米国に輸出されていると指摘、取り締まりに乗り出す方針を示した。 9日にウェブサイトに掲載した声明で明らかにした。 米中貿易戦争が続く中、特に「繊維、海産物、農産物、タイル、はちみつ、鉄鋼、アルミニウム、木材製品」で生産国を偽装する事例が多数見つかっているという。 税関によると、…

もっと読む »

中国当局、外国メディア8社サイトを遮断 天安門事件で検閲強化か

中国政府は、国内から7つの西側の報道機関の閲覧を禁止した。西側メディアは、30年を迎えた、北京の天安門における学生民主運動の武力弾圧について詳細に報じていた。これにより中国共産党政権は、海外メディアの検閲をさらに強化したとみられる。…

もっと読む »

【写真】香港で逃亡犯条例改正反対デモ、103万人参加 返還後最大規模 

香港では9日、中国本土に刑事事件の容疑者を移送できるようにする「逃亡犯条例」改正に反対する大規模なデモが行われた。主催者の民主派団体、「民間人権陣線(民陣)」は、103万人の市民が参加したと発表した。1997年香港の中国返還後最大規模となった。香港は約740万人の人口を有するため、7人に1人がデモに参加した計算だ。…

もっと読む »

阪急電鉄ならではの企業広告、他の沿線住民の感情を逆なで

これ、毎月30万円ももらっていない上に仕事に行くのがつらい人の方が大多数では、、、? pic.twitter.com/vFXaxVEoAf— うさぎもち(兔餅)6/15〜17🇹🇼 (@mochi2rabbit) 2019年6月9日
隠居の爺様がこれを書いたことは、百歩譲って仕方がなかったにせよ、提案した広告代理店の…

もっと読む »

【動画ニュース】止まらない資金の流出 ここ5年で最大規模=中国経済

米中貿易戦争の激化に伴い、中国当局は強硬な反米姿勢を示すと同時に、国内市場に不安が広がるのを防ぐために手を尽くしています。報道によると、中国の株式市場では最近、ここ5年で最大規模の海外資金の流出が現れ、外資企業の撤退も後を絶ちません。…

もっと読む »

F35の墜落事故、原因は操縦者の「空間識失調」の可能性=防衛省

[東京 10日 ロイター] – 防衛省は10日、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機、F35A戦闘機が墜落した事故で、墜落原因は推力の喪失や機体構造上の不具合ではなく、操縦者の「空間識失調」(平衡感覚を失った状況)による急降下が原因である可能性が高いとの報告書を発表した。 事故は今年4月9日午後7時27分ごろ、三沢基地から東方約135キロメートルの太平洋上で発生。操縦していた細見彰里…

もっと読む »

G20首脳会合、自由貿易推進へ「多様な意見集約」=菅官房長官

[東京 10日 ロイター] – 菅義偉官房長官は、大阪で28、29日に開催する20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、自由貿易を推進するため「多様な意見を集約したい」との考えを示した。10日午前の記者会見で語った。 G20貿易・デジタル経済相会合や財務相・中央銀行総裁会議で採択した声明で、反保護主義に関する文案明記を見送ったことに関し、菅官房長官は「各国の間で見解の違いがある」との認識を示した…

もっと読む »

メキシコの不法移民対策を確信、農産品も購入拡大=トランプ大統領

[ワシントン 8日 ロイター] – トランプ米大統領は8日、メキシコが不法移民対策を厳しく実施するとの見方を示した。米国に入国しようとする中米からの移民を阻止するため、メキシコは移民管理の拡充や国境警備の強化で新たに合意した。 トランプ大統領はツイッターで「メキシコは懸命に取り組むだろう。そうすれば、米国とメキシコの合意は大きな成功を収めることになる」と書き込んだ。 大統領はまた、メキシコが直ちに…

もっと読む »

G20、貿易摩擦解決を最優先課題とすべき=IMF専務理事

[福岡市 9日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、20カ国・地域(G20)に対し、世界的な経済成長へのリスクを和らげるため貿易摩擦の解決を最優先課題とするよう求めた。 G20財務相・中央銀行総裁会合後の声明で同専務理事は、「世界経済が一時的な安定の兆候と成長加速の見通しを示すなか、会合を行った。これらは良いニュースだが、先行きは引き続き不安定でいくつかの下振れリスクがある…

もっと読む »

G20声明、貿易・地政の緊張緩和へ「さらなる行動」

[福岡市 9日 ロイター] – 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は9日、激しさを増す米中貿易摩擦を念頭に、G20各国が「リスクに対処し続け、さらなる行動をとる用意がある」と明記した共同声明を採択し、閉幕した。反保護主義に関する文案は見送った。 財務相会合でG20は、世界経済の現状について「足もとで安定化の兆しを示しており、総じて今年後半、2020年に向けて緩やかに上向く見通し」との…

もっと読む »

ファーウェイ禁輸措置、対中貿易交渉進展なら解除も=米財務長官

[9日 ロイター] – ムニューシン米財務長官は9日、中国との貿易交渉が進展すれば、トランプ大統領は、同国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への禁輸措置を解除する可能性があるとの見方を示した。 ムニューシン氏は、通商協議が前進し、中国側から一定の保証が得られれば、大統領はファーウェイに対して何らかのことを行う用意があると指摘した。ただ、国の安全保障が関わる問題だと説明した。…

もっと読む »

トランプ大統領、メキシコ関税見送りで合意内容巡る批判に反論

[ワシントン 9日 ロイター] – トランプ米大統領は9日、メキシコへの関税発動見送りについて、合意事項に不法移民の流れを止めるための新たな抜本的内容が盛り込まれてないとの批判に対し、詳細はまもなく発表されると反論した。 7日に発表された合意では、メキシコが米農産物の輸入拡大を約束したのか、メキシコが以前表明した南部のグアテマラとの国境での警備強化をさらに拡大するのかなど、依然不透明。 民主党の…

もっと読む »