米NYで「世界法輪大法デー」イベント開催、世界各国から約1万人参加

世界数十カ国から集まった約1万人の法輪功学習者は現地時間5月16日、米ニューヨーク市中心街で第20回「世界法輪大法日」を祝賀する大規模なイベントとパレードに参加した。学習者は、中国当局による国内法輪功学習者への弾圧を早期停止するよう呼び掛け、3億人以上の中国人が中国共産党とその関連組織から脱退を声援した。…

もっと読む »

特別リポート:飢えと腐敗、ベネズエラ中国事業の「負の遺産」

Angus Berwick [トゥクピタ(ベネズエラ) 7日 ロイター] – その中国プロジェクトで、数百万人の生活を支えられるようになるはずだった。カリブ海に面したベネズエラのデルタアマクロ州で、中国の建設会社が、故チャベス大統領との間で大胆な合意を交わした。 この国有企業が、新たな橋や道路、食品工場のほか、ラテンアメリカで最大の精米工場を建設する、というものだった。 ロイターが確認した契約文書…

もっと読む »

焦点:対米制裁合戦で守勢の中国、枯渇する「反撃の手立て」

[北京 15日 ロイター] – 米国と中国の通商問題を巡る「制裁合戦」は、不均衡是正を目指すトランプ米政権の攻勢を受けた中国が守勢に立たされ、自国の利益を損なわずに反撃する手立てが枯渇しつつある。 中国は13日に追加関税率引き上げの対象となる米国からの輸入品600億ドル分のリストを公表したが、対象項目は米国が10日に発表した中国からの2000億ドル分の輸入品に比べて大幅に少なかった。 米国は…

もっと読む »

「北京へ帰れ」ジンバブエの住民、中国企業による鉱山開発に反対デモ 

ジンバブエの首都ハラレでは、地方で開始予定の中国企業による採鉱計画に反対するデモが発生している。

ジンバブエの首都ハラレでは、地方で開始予定の中国企業による採鉱計画に反対するデモが発生している。

ドンボシャワ(Domboshava)の住民は政府に対して、中国企業・愛華建業による採石場の建設計画に反対する嘆願書を送った。住民らは、この計画は地域の2万人以上の人々、診療所、学校、歴史遺跡、墓地に悪影響を及ぼすと訴えている。…

もっと読む »

地主界の絶対王者・三菱地所また敗れる、自ら主催の綱引き大会で王座奪還狙うもトップリーグOBを連れて来ちゃったNTTコミュニケーションズが優勝

人多過ぎ…。 pic.twitter.com/0jl2Oe1dv6— 遊撃かにっち部長 (@fstora) 2019年5月17日
丸の内でやたら人集まってるところがあって、有名人かな!?って、テンション高まったんやけど、綱引きやってただけやった。東京こわい。平日昼間のオフィス街でどーいうこと!?— た…

もっと読む »

米空軍基地でのF16戦闘機衝突、操縦士は脱出 負傷者なし

[ロサンゼルス 16日 ロイター] – 米カリフォルニア州南部にあるマーチ空軍予備役基地で16日、通常の訓練演習を行っていたF16戦闘機が基地付近の倉庫に衝突した。操縦士は無事に脱出し、負傷者は報告されていない。基地の報道官が明らかにした。 ロサンゼルス・タイムズが基地の当局者の話として報じたところによると、衝突により小規模な火災が発生した。 地元テレビ局のKCAL─TVに投稿された事故現場の写真…

もっと読む »

アングル:メイ首相後継は誰か、保守党首選で予想される顔ぶれ

[ロンドン 14日 ロイター] – メイ英首相は、英国の欧州連合(EU)離脱交渉について次の局面を迎える前に退任すると表明している。具体的な退任時期にはまだ言及していないものの、与党・保守党の有力メンバーは後釜に座ろうと活発な駆け引きを始めつつある。 次期保守党党首(すなわち次期首相)選挙に出馬する意向を示したり、有力候補とみなされている人物は以下の通り。 ◎エスター・マクベイ氏(51歳) テレビ…

もっと読む »

ファーウェイ規制、米中通商協議やハイテク部門に暗雲 中国反発

[ワシントン/北京 16日 ロイター] – 米政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への事実上の輸出規制を決定したことについて、中国側は両国の通商協議に影を落としかねないとして米国の対応を批判した。大手ハイテク企業への影響を巡っても懸念が高まり、米国市場ではファーウェイと取引する企業の株価が値下がりした。 ファーウェイは声明で、同社と米国の供給元との関係が絶たれれば「…

もっと読む »

米下院情報委、中国の「問題行動」検証開始 社会統制に焦点

[ワシントン 16日 ロイター] – 米議会下院の情報委員会は16日、問題とされる中国の行動を検証する作業を始めた。来年にかけて行う。 この日は外部専門家の公聴会を開き、中国が諜報活動や影響力行使、政治統制に国内外で技術を活用するとされる問題を検証した。 アダム・シフ委員長(民主党)は、中国は人工知能や機械学習、顔認識ソフトを活用して社会統制を強化したと指摘。「こうした技術革新と権威主義は強い懸念…

もっと読む »

英首相、6月上旬に退任時期表明 EU離脱協定案採決後に

[ロンドン 16日 ロイター] – 英与党・保守党の議員で構成する「1922委員会」のグラハム・ブレイディ委員長は16日、メイ首相が6月上旬に退任時期を示す意向だと明らかにした。 メイ氏はこれまで、欧州連合(EU)離脱協定案の議会承認後に退陣する考えを表明している。ただ党内からは、6月3日の週に予定される採決で離脱協定案が否決された場合、明確な退任時期を示すよう求める声が多い。協定案は過去3回否決…

もっと読む »

英、イラン脅威増大懸念を米と共有=ハント外相

[ロンドン 16日 ロイター] – ハント英外相は16日、英国はイランの脅威が増しているという見解を米国と共有しているとし、同盟国である米国と緊密に協力していくと述べた。 ハント外相は「イランの脅威が高まっているとの見方を共有している。これまでと同様、米国と緊密に協力していく」とツイッターに投稿した。 ハント氏は米国のポンペオ国務長官と先週、ロンドンで会談。これに続き今週13日にブリュッセルで再び…

もっと読む »

NY市長、20年大統領選に出馬表明 「労働者第一主義」訴え

[ニューヨーク 16日 ロイター] – 米ニューヨークのビル・デブラシオ市長(民主、57)が16日、2020年米大統領選への出馬を表明した。 デブラシオ市長は投稿した動画で「労働者第一主義」を掲げ、所得不均衡解消を目指すと強調。「国の至る所で人々は行き詰まりや後戻りを感じているのに、金持ちはますます豊かになった」と語った。 さらに「弱者をいじめる者を目の当たりにして、引き下がってはいけない。対決…

もっと読む »

中国ファーウェイとの取引禁止、17日から実施=米商務長官

[ワシントン 16日 ロイター] – 米国のロス商務長官は16日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] との取引禁止は17日から実施されると明らかにした。 トランプ米政権は15日、ファーウェイが米政府の許可なく米国の重要な技術を購入することを禁止するとともに、国家安全保障を理由に米国の通信ネットワークから同社の製品を事実上排除する措置を発表。 ロス長官はブルームバーグテレビ…

もっと読む »

米独など6カ国の警察、サイバー犯罪組織「GozNym」を解体

[ハーグ 16日 ロイター] – 米独など6カ国の警察当局が連携し、1億ドル規模の被害をもたらしていたサイバー犯罪組織「GozNym」を解体したことが明らかになった。 同組織は東欧を中心に活動。フィッシングメールでマルウェアを拡散し、中小企業や慈善団体などを標的にネット銀行口座の情報や預金を盗んでいた。 捜査は2016年に開始。これまでに、同組織のメンバー10人が起訴されている。…

もっと読む »