スルガ銀行、新たに生まれ変わる雰囲気づくり(新生銀行&ノジマと業務提携・不正融資全件調査の結果報告・元本一部カットの徳政令)

スルガが生まれ変わるような印象を受けますけど上と名前変わるだけだよね— モグカブジクソカブノイド (@mogukabu) 2019年5月13日
・新生銀行とノジマスルガ、新生とノジマを天秤にかけやがったw— ぷっちょ (@puchogen) 2019年5月15日
スルガ銀行が新生銀行と(1)無担保ローンや住…

もっと読む »

中国ファーウェイのために働く米ロビイスト、オバマ政権時代の国家安全保障会議高官

中国共産党政府は、米国の元政府高官や弁護士などの雇用に力を入れている。このほど、米オバマ政権時代の高官は、中国共産党との関連の強い通信機器大手・華為科技(ファーウェイ)にロビイストとして雇用されていることが明らかになった。…

もっと読む »

石油タンカーへの「テロ攻撃」、海上安全への脅威 サウジが声明

[カイロ 14日 ロイター] – サウジアラビア政府は14日、アラブ首長国連邦(UAE)の領海付近で同国の石油タンカー2隻が受けた「テロ攻撃」は、海上安全への脅威だと指摘した。サウジプレス通信が14日に伝えた。 同通信によると、サウジ内閣は声明で、エネルギー市場へ影響が及び世界経済を危険にさらす可能性があることを踏まえると、海上と石油タンカーの安全を確保することは国際社会が共有する責務だと説明した…

もっと読む »

印鉄鋼業界、中国製品輸入増を懸念しセーフガード発動を要請

[ニューデリー 14日 ロイター] – インドの鉄鋼業界はインド政府に対し、鉄鋼輸入製品に対し緊急輸入制限(セーフガード)として最大で25%の関税を発動するよう要請した。米中貿易摩擦の激化で米国が中国製の鉄鋼製品に追加関税をかけたため、中国製の安い鉄鋼製品がインド市場にあふれるとの懸念が強まったため。政府関係者3人と業界関係者4人が明らかにした。 JSWスチール、…

もっと読む »

米、対中関税対象からレアアース再び除外 資源依存浮き彫りに

[北京 14日 ロイター] – 米国は、中国製品の関税対象から希土類元素(レアアース)など重要な原料を除外すると再び決めた。コンピューターや軍用機器などに使われる中国の原料資源に米国が依存する姿を浮き彫りにした。 米通商代表部(USTR)は13日、約3000億ドル相当の中国製品に適用する可能性のある最大25%の追加関税について、対象品目リストを公表した。 6月17日にパブリックヒアリングを開くとし…

もっと読む »

米大統領、対イラン軍事計画巡る報道否定 「派兵検討せず」

[ワシントン 14日 ロイター] – トランプ米大統領は14日、ホワイトハウスが最新の対イラン軍事計画を検討しているとの一部報道を否定した。 米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は13日、当局筋の話として、イランが米軍を攻撃したり、核兵器開発を加速させたりした場合に最大12万人の部隊を派遣する案などを含む最新の軍事計画を、シャナハン米国防長官代行がトランプ政権に提出したと報じた。 トランプ氏は…

もっと読む »

インドの携帯電話関税、日本がWTO紛争手続きに着手

[ジュネーブ 14日 ロイター] – 日本政府は、携帯電話や基地局、回路基盤などにインドが課している関税に問題があるとして、世界貿易機関(WTO)紛争解決手続きの第1段階に着手した。提出書類で14日、明らかになった。 日本側は、特に2014年9月の「メイク・イン・インディア」政策以降、インドが関税などを調整し、国内生産保護を図ったと主張。日本にとって重要な財(モノ)に対する一部関税は、WTOで認…

もっと読む »

パプア沖でM7.5の地震、津波の心配なし

[14日 ロイター] – 南太平洋のパプアニューギニア沖で14日夜、マグニチュード(M)7.5の地震が発生した。これを受け一部地域に津波警報が発令されたが、その後解除された。 米地質調査所(USGS)によると、震源は東ニューブリテン州ラバウルの東約50キロ。震源の深さは10キロと推定されている。 地元当局によると、津波は観測されず、地震による死傷者も出ていない。詳しい被害状況などは不明。 ある…

もっと読む »

米ロ外相が会談、関係改善に向けた取り組み確認

[モスクワ/ソチ(ロシア) 14日 ロイター] – ロシアを訪問しているポンペオ米国務長官は14日、ラブロフ外相と会談した。ラブロフ氏は、米ロが長年にわたる相互不信を終わらせ、建設的に取り組む道を模索する時期に来ていると指摘。ポンペオ氏はトランプ米大統領はロシアとの関係改善にコミットしていると応じた。 ポンペオ長官とラブロフ外相は黒海沿岸のリゾート地ソチで会談。ポンペオ氏はこの後、プーチン大統領…

もっと読む »

英EU離脱協定案、夏季休暇前の批准「必要不可欠」 閣議で合意

[ロンドン 14日 ロイター] – 英政府は14日、欧州連合(EU)離脱協定案を議会の夏季休暇入り前に批准することが「必要不可欠」との認識で合意した。メイ首相は離脱案の承認を受け辞任するとしていることから、辞任の日程がこれまでよりも明白に示された格好となる。 EU離脱を巡りメイ首相率いる保守党は野党・労働党と交渉を継続中。メイ首相の報道官によると、この日の主要閣僚による閣議で、労働党との交渉を押し…

もっと読む »

米中摩擦は「ささいな口げんか」、協議は継続=米大統領

[ワシントン 14日 ロイター] – トランプ米大統領は14日、米中貿易摩擦は「ささいな口げんか」で、中国との通商協議は決裂していないと述べた。 米財務省報道官は、ムニューシン長官がある時点で中国で通商協議を計画すると明らかにした。 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し、両国の交渉団は協議を継続しており、話し合いは「非常に良好」と説明。中国の知的財産や補助金慣行を巡る米側の主張に触れ、「…

もっと読む »

米国務長官、20年大統領選介入に警告 ロシア外相との会談で

[ソチ/モスクワ 14日 ロイター] – 米国のポンペオ国務長官は14日、ロシアのラブロフ外相に対し、米政府は2020年の米大統領選挙へのロシアの介入を容認しないと伝えた上で、介入すればすでに冷え込んでいる米ロ関係に深刻な悪影響を及ぼすと述べた。 ポンペオ氏は「ラブロフ外相に米選挙への介入は容認できないと明確に伝えた。2020年の大統領選挙にロシアが関与した場合、米ロ関係はこれまで以上に悪化…

もっと読む »

イラン、米と戦争望まず 新たな核協定も交渉せず=ハメネイ師

[ロンドン 14日 ロイター] – イランの最高指導者ハメネイ師は14日、イランは米国との戦争を望んでいないと述べた。同時に米国と新たな核協定について交渉する意向がないことも改めて示した。 国営テレビによるとハメネイ師は政府高官を前に、「戦争が始まることはない。イランはレジスタンス(抵抗)の道を選んだ」とし、「イランは戦争を望んでいない。米国も望んでいない。米国は戦争は自国の利益にならないことを…

もっと読む »

米財務長官、中国での通商協議を近く計画=報道官

[ワシントン 14日 ロイター] – ムニューシン米財務長官が中国での通商協議再開を近く計画する見通しだと、財務省報道官が14日明らかにした。 ムニューシン長官がさらなる協議で北京に向かうのかとの質問に対し、報道官は「ムニューシン長官がこれまでに示しているように、交渉は継続する。長官が前日示唆したとおり、中国での協議開催を近い将来計画する見通し」と応じた。 報道官は訪中に関する詳細な日程は示…

もっと読む »

米大統領、週内にも移民政策表明=共和党議員

[ワシントン 14日 ロイター] – トランプ米大統領が週内にも移民政策に関する演説を行うことが、共和党議員の話で14日、明らかになった。トランプ大統領は高い技能を持つ移民を優遇する一方で、他の種類のビザの発行を縮小させることなどを検討している。 共和党のジョン・コーニン上院議員とジョン・バラッソ院議員は記者団に対し、トランプ大統領が週内にも移民政策に関する自身の考えを表明することを明らかにした。…

もっと読む »

米軍、イラク駐留部隊への「差し迫った脅威」の可能性警告

[ワシントン 14日 ロイター] – 米軍は14日、イランの支援を受ける勢力によるイラク駐留部隊への差し迫った脅威の可能性にあらためて懸念を示し、イラク駐留米軍は警戒態勢を強めていると明らかにした。これより先、イラクとシリアで過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討に当たる米主導の有志国連合の英指揮官は、イラン傘下の武装勢力による脅威は高まっていないと発言していた。 米中央軍の報道官はこの発言…

もっと読む »