マントウ、由来は「ニセの生首」諸葛孔明のアイデア

中国の蒸しパン「饅頭(マントウ)」は、小麦粉を主食とする本土地域で主に食べられています。日本では、コンビニエンスストアでも売られるお馴染みの中華まん、肉まんは、中国では包子(バオズ)と呼ばれています。マントウはいわば、中に何も入っていない中華まんです。…

もっと読む »

中華まん、由来は「ニセの生首」諸葛孔明のアイデア

中国の蒸しパン「饅頭(マントウ)」は、小麦粉を練ったものを主食とする本土地域で主に食べられています。日本では、中華まん、肉まんと呼ばれ、コンビニエンスストアでも売られるお馴染みのメニューです。中国で主食として食べられている饅頭は、中に何も入っていません。…

もっと読む »

中国の3月新規人民元建て融資、1.69兆元 予想を大幅に上回る

[北京 12日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)が公表した3月の新規人民元建て融資は1兆6900億元(2515億9000万ドル)と、前月から急増し、予想を大幅に上回った。 中国当局が銀行に中小企業向けの融資を促していることが背景。 ロイターがまとめたアナリスト予想は1兆2000億元だった。2月の新規人民元建て融資は8858億元だった。 1─3月の銀行融資総額は5兆8100億元と、記録的な…

もっと読む »

焦点:英離脱巡り独仏にきしみ、マクロン氏が長期延期に猛反対

[ブリュッセル 11日 ロイター] – 欧州連合(EU)が10日に開いた臨時首脳会議で、フランスが英国の離脱期限延期を巡って拒否権を発動する事態は避けられた。 多くの人々は、かつてシャルル・ドゴールがEUの前身である欧州経済共同体(EEC)に英国が加盟するのを拒否したような場面が、もしかしたら再現するのではないかと思っていたのだ。 実際にマクロン大統領は拒否権こそ使わなかったが、首脳会議で強硬論を…

もっと読む »

米中協議、構造問題解決や多国間主義に基づく合意必要=IMF局長

[ワシントン 12日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)のイ・チャンヨン・アジア太平洋局長は12日、米中通商協議について、知的財産権など構造問題の解決や多国間主義に基づく合意が必要との考えを示した。 局長は記者会見で、米中協議を巡って市場では楽観的な見方も広がっているが、合意できなかった場合、そうした期待は急速に剥落する恐れがあると指摘。実際問題として交渉の行方は依然不透明で、緊張が長引けば…

もっと読む »

トランプ米大統領、不法移民の「聖域都市」移送検討

[ワシントン 12日 ロイター] – トランプ米大統領は12日、国内の不法移民を「聖域都市」に送ることを検討中だと明らかにした。 ツイッターで「非常に危険な移民法の改正に民主党が消極的という事実を踏まえ、報道通り実際に『不法移民』を『聖域都市』にのみ滞在させることを真剣に検討している」と述べた。 ワシントン・ポストは前日、ホワイトハウスが拘束中の移民を民主党の地盤とされる聖域都市に移送、解放する案…

もっと読む »

米、ベネズエラ石油輸出巡り船舶会社に制裁 「キューバに輸送」

[ワシントン 12日 ロイター] – 米財務省は12日、ベネズエラからの石油輸出に関与した船舶会社4社とタンカー9隻を新たに制裁対象に加えた。一部の石油はキューバに運ばれたとしている。 制裁対象となったのはリベリアが拠点の3社とイタリアの企業。 財務省は声明で、石油業界が引き続き正統性のない政権に命綱を提供しているとし、「ベネズエラの石油をキューバに輸送する企業を標的とし続ける」と強調した。…

もっと読む »

金正恩氏、3回目の米朝会談に応じる用意 「米の態度適切なら」

[12日 ロイター] – 北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、米国の態度が適切なら3回目の米朝首脳会談に応じてもよいとの考えを示した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が報じた。 前回の会談の二の舞であれば再会談は望ましくないと指摘。ただトランプ米大統領との個人的な関係は良好だとし、米朝が合意できるかは米国の態度次第だと強調した。 さらに米国が制裁に基づく南北合意の履行継続…

もっと読む »

大和ハウス工業「影響は軽微」、内部通報で2078棟の建築基準法違反が発覚

「大和ハウスの本音」篇嫁「耐火生が高い家にしてほんとよかったわね」竹野内「そうだな」竹野内(嘘だ・・・。俺は今嘘をついている。本当は耐火性が低い方がボロ儲けで、大好きなんだ・・・。でも俺には決して言えない、耐火性が建築基準を満たしていないなんて、、、) pic.twit…

もっと読む »