揺らぐ日本製の信頼性、三菱マテリアルが品質偽装(海外の反応)

eer
大手金属メーカー 三菱マテリアルは2つの子会社が強度などの検査データを改ざんしていた問題で、24日に記者会見し、竹内章社長が「深くおわび申し上げます」と謝罪したうえで、製品の安全性の検証を急ぐ考えを示しました。 三菱マテリアルは、23日に子会社の「三菱電線工業」と「三菱伸銅」がゴム製品と銅製品の一部で強度や寸法などの検査データを改ざんして、出荷していたと発表しました。 これについて、竹内章社長が24日に記者会見し、「お客さまや株主をはじめ、多くの皆様に多大なご迷惑をおかけしたことについて、深くおわび申し上げます」と謝罪しました。 データの改ざんが見つかった製品の出荷先は、航空機や自動車のメーカーなど合わせて258社にのぼる可能性があるということで、竹内社長は、出荷先とともに安全性の検証を急ぐ考えを示しました。 会社によりますと、子会社が最初に不正を把握したのは、ことし2月で、その後も先月まで出荷を続け、公表までにおよそ9か月かかりました。公表が遅れた理由について、竹内社長は「対象となるすべての客が判明してから公表するのが適切だと判断した」と述べ、出荷先の特定に時間がかかったと釈明しました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。


続きを読む

Comments are closed.