海外「革命的じゃないか!」 80年代に造られた日本車の先進性に外国人が騒然

今回ご紹介する写真はエンジニアリング系のサイト等で紹介されていたもので、
日産自動車が1983年(昭和58年)に第25回東京モーターショーに出品した、
「ニッサン NRV-II」の内装が写された1枚です。

B11型サニーをベースとした一台で、多層型プラスチック燃料タンク、
樹脂材料を活用した軽量化、メタノールターボエンジンの搭載など、
当時最先端の技術が数多く盛り込まれていました。

外国人に驚きを与えているのが、その先見性。
全体的にスタイルなどは時代を感じさせるものの、
ナビが搭載されていたり、ハンドルにコントロールボタンが付いていたりと、
最新の自動車とほとんど変わりがない造りになっています。

投稿には、多くのコメントが寄せられていましたので、一部をご紹介します。

海外「何だこの画質は!」 1992年の東京を映した映像の画質が凄まじい

21731566_2018822795062098_7954816722260084722_o.jpg

Comments are closed.